バイオテクノロジー科

専門課程:2年制

学科別ブログ

カテゴリー: イベント
著者: 大藤道衛
これまで、専門家と市民とのコミュニケーションの場として24回に渡りTTCバイオカフェを行ってきました。新しい技術や考え方が次々に生まれてくるバイオ分野の社会受容にはこのようなコミュニケーションが大変重要です。

25回目となる今回は、コミュニケーションのあり方を他の分野から考える試みとして、テーマを広げて建築の安全・安心とリスクコミュニケーションを切り口とし、本校の碾鷏淡膵残垢スピーカーをいたします。

テーマ:「建築xリスク 〜建築の安全・安心とリスクコミュニケーション〜」

概要:
 我々の日々の営みには様々なリスクが存在します。リスクには、株式への投資のように損失と利益の両方が発生する可能性があるものと、自然災害による建物の損傷のように損失しか発生しないが、様々な対策によって被害をコントロールすることが可能なものがあります。
 我々はできるだけ安全・安心に暮らしたいと考えていますが、建築の防災や防犯対策は、ほとんどの場合、経済性や利便性とトレードオフの関係にあるため、どこかで折り合いをつける必要があります。例えば、地震や風、積雪などに対する建築物の基準として、日本には「建築基準法」という法律がありますが、実はこの法律は国民の権利の一部を制限するものなので、「絶対的な安全を担保する基準」ではなく、「最低の基準(同法第一条)」となっています。具体的には、極めてまれに発生する地震や台風、大雪に対しては、ある程度の損傷は許容している、ということです。
ここから分かるとおり、建築基準法は安全と合理性の折り合いが付けられた、言い換えると社会的に許容されるリスクを内包した基準になっているのですが、ここで問題となるのが「何が許容できて何が許容できないのか」という線引きの問題です。
 このことについて市民と専門家とのコミュニケーションは十分なのでしょうか。これまでTTCバイオカフェではバイオテクノロジーとそれをめぐるリスクコミュニケーションについて皆様と考えて参りました。技術、安全性、規制という視点では建築とバイオテクノロジーには共通点がありそうです。今回は本校の碾 恵悟校長が演者となり、建築の安全・安心とリスクコミュニケーションについてバイオテクノロジーとの共通点を探りながら議論したいと考えます。
予約不要です。どうぞ気楽にご参加ください。コーヒーとお菓子のサービスがあります。開演に先立ち音楽演奏もございます。

主催:特定非営利活動法人 くらしとバイオプラザ21
共催:専門学校 東京テクニカルカレッジ(TTC)

日時:2018年2月9日(金)
受付開始 17:45
開始時間 18:00 終了時間 19:45
参加費:無料(コーヒーとお菓子のサービス付き)
場所:中野区東中野4-2-3 Tera-House (東中野駅前)
専門学校 東京テクニカルカレッジ 1F TeraCafe(カフェテリア)
お問合せ 電話:03-5651-5810(くらしとバイオプラザ21 佐々義子)
メール:ooto@tera-house.ac.jp (東京テクニカルカレッジ 大藤道衛)

■碾 恵悟 校長■
null

学校法人小山学園 専門学校東京テクニカルカレッジ運営本部長兼校長、一級建築士、1級建築施工管理技士。1968年東京都生まれ。専門学校東京テクニカルカレッジ建築科、埼玉大学経済学部経済学科卒業、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修了。株式会社巴コーポレーションにて航空機格納庫や免震構造、電波暗室・電磁シールド等の建築設計・施工ならびに研究開発に従事、その後株式会社大京にて分譲マンションの企画設計に従事したのち、学校法人小山学園入職。2016年4月より現職。主な関心事は、建築デザインが犯罪企図者の心理に与える影響とそれを応用した防犯対策。

■演奏者紹介■

nullnull
岩澤葵氏(左)クラリネット 日本大学芸術学部音楽学科卒業。在学中に日本大学芸術学部管弦楽団と共演。2016年ヤマハ管楽器新人演奏会クラリネット部門に出演。第21回ブルクハルト国際音楽コンクール入賞。秋吉台ミュージックアカデミー修了演奏会に出演。現在フリーランスとして活動。杉浦夏美氏(右)フルート 日本大学藝術学部音楽学科卒業。日本フィルハーモニー管弦楽団丸の内支部との共演。2016年YAMAHA管楽器新人演奏会出演。現在はソロ、室内楽、吹奏楽、レコーディング、ライブ、バンドサポートなどで活動する傍ら、フルートオーケストラの運営や個人・団体レッスンなど後進の指導を行う。

null
PDFはここをクリック
ポスター:川辺伸司科長作成(Web動画クリエーター科

これまでのTTCバイオカフェは、ここをクリック。



カテゴリー: イベント
著者: 大藤道衛
第24回TTCバイオカフェは、「私達の身体にすむ細菌たち」と題し、須田 亙 先生(理化学研究所 統合医科学研究センター マイクロバイオーム研究チーム(農学博士))をお招きし、2017年11月24日(金)に開催いたしました。

東京テクニカルカレッジ(TTC)主催、特定非営利活動法人くらしとバイオプラザ21共催。案内は、ここをクリック。

null
夕方6時、東京テクニカルカレッジ1階のテラカフェ会場で、バイオカフェが始まりました。はじめにファシリテーターの佐々義子先生(特定非営利活動法人くらしとバイオプラザ21常任理事(生物科学博士))から開会のご挨拶をいただきました。
続いて水野美香様(クラリネット)、江黒未希様(ファゴット)、伊勢久視様(ホルン)による音楽演奏が心を和ませてくれました。バイオカフェの趣旨説明・須田先生の紹介に続き、いよいよご講演の始まりです。

須田先生は、腸内や唾液の細菌叢を次世代シーケンサーをもちいてDNAレベルで解析されています。ヒトの細菌叢について、さらに疾患と細菌叢との関係についてお話しくださいました。講演の内容やフロアとのやり取りの詳細は、くらしとバイオプラザ21のバイオカフェサイトに後日アップされます。ここをクリック。

null
須田亙先生

sDr. Suda lecture 5878
綺麗なスライドを用いて丁寧に話していただきました。

null
フロアとの話し合い。多くの方々からご質問やご意見をいただきました。

null
音楽演奏

null
佐々先生による開会のご挨拶

null
インテリア科学生制作のクリスマスツリー

null
演奏者のみなさん(左から水野美香様(クラリネット)、江黒未希様(ファゴット)、伊勢久視様(ホルン))

null
参加者には、講演資料とアンケートが配布されました。受付は、くらしとバイオプラザ21田中利一事務局長。

null
TTCバイオカフェおなじみの佐々先生手作りのケーキ(今回もすぐになくなりました。)

null
ポスターのダウンロードは、ここをクリック。
多くの方々のご参加に感謝いたします。須田先生は東京テクニカルカレッジ(TTC)・バイオ国立校の卒業生、今回のカフェにはTTCバイオ卒業生や元教員の参加もありました。

次回のTTCバイオカフェは、2月9日(金)に行います。詳細は、後ほど本ブログに掲載いたします。これからもTTCバイオカフェをよろしくお願いいたします。

これまでのTTCバイオカフェは、ここをクリック。
カテゴリー: イベント
著者: 大藤道衛
第24回TTCバイオカフェは、最近注目されている私たちの体内で重要な働きをしている腸内細菌や常在菌の話です。

テーマ:「私達の身体にすむ細菌たち」

スピーカー:須田 亙 先生(理化学研究所 統合医科学研究センター マイクロバイオーム研究チーム。)

概要:わたしたちヒト一個人に常在している細菌(常在菌)の数は数十から百兆にも及ぶと推定されており、この数は、約37兆と見積もられるヒト自体の細胞数に匹敵します。ヒトの身体の中でも腸内は最も多くの常在菌が存在する器官であり、1 gの糞便中の細菌数は1011~12および約1000種の細菌種が生息していると見積もられています。近年の飛躍的な研究の進展によって、これらの腸内細菌群(腸内細菌叢)がホストの代謝や免疫系への関与に大きく関与していることが明らかになってきました。一方で、腸内細菌叢の破綻(Disbiosis)は疾患に結びつくことなどが明らかにされ、注目を集めています。今回は、理化学研究所から須田亙先生をお招きし、ヒト常在細菌叢研究について最新のトピックスをうかがいます。予約不要、どうぞ気軽にご参加下さい。コーヒーとお菓子のサービスがあります。開演前に音楽演奏もあります。

日時:2017年11月24日(金)                       
受付開始 17:45 (音楽演奏があります。)
開始時間 18:00 終了時間 19:45参加費:無料(コーヒーとお菓子のサービス付き)
場所:中野区東中野4-2-3 Tera-House (東中野駅前)専門学校 東京テクニカルカレッジ 1F TeraCafe(カフェテリア)
マップ
お問合せ
電話:03-5651-5810(くらしとバイオプラザ21 佐々義子)
メール:ooto@tera-house.ac.jp (東京テクニカルカレッジ 大藤道衛)

■須田 亙(すだ わたる)先生のご紹介■

須田先生

理化学研究所 統合医科学研究センター マイクロバイオーム研究チーム。東京大学 新領域創成科学研究科 客員連携研究員、早稲田大学 規範科学総合研究所 招聘研究員 兼務。北里大学水産学部、東京テクニカルカレッジバイオテクノロジー研究科経て、千葉大学大学院で学位(博士(農学))を取得。東京大学新領域創成科学研究科でヒト常在細菌叢の研究に従事した後、慶應義塾大学大学院医学部で助教、講師として勤務、2017年度より理研マイクロバイオーム研究チームに赴任

■音楽演奏者のご紹介■ 

null クラリネット水野美香 ファゴット江黒未希

伊勢久視氏(ホルン:左)
尚美学園、東京芸術大学別科、ウィスコンシン州立大学マディソン校で学ぶ。宝塚ベ
ガコンクール室内楽部門入選。
水野美香氏(クラリネット:中)武蔵野音楽大学卒業。東 京国際芸術協会レ・スプレンデル音楽コンクール第3位。全日本演奏家協会ベストプレイヤーズコンクール入賞。病院・福祉・学校アウトリーチ活動及びコンサート企画代表。
江黒未希氏(ファゴット:右)東京音楽大学卒業。市 川文化会館新人オーディション・アジアユースオーケストラ・国際芸術協会オーディション合格。

null
ポスター:川辺伸司科長作成(Web動画クリエーター科

これまでのTTCバイオカフェは、ここをクリック。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 75 | 76 | 77 || Next»