建築科(夜間 建築士専科)

専門課程:2年制 / 専門士

主な就職先

就職活動インタビュー

就職先:タクトホーム株式会社

小野寺 京子さん

小野寺 京子さん
出身校:千葉県立柏高等学校
木造在来工法のエキスパート
タクトホーム株式会社は、関東の1都3県を中心に地域と密着した事業展開をする住宅建設会社。
2×4メーカー系の住宅会社とは異なり設計の自由度が高く日本の気候に合った木造在来工法にこだわった良質の住宅提供し続けている。
Q.あなたがこの会社を選んだ理由は?
A.住宅設計ができる
この会社を選んだのは、住宅の設計ができることです。しかも木造在来工法なのである程度までお客様の要望や自分のアイデアを設計の中に盛り込むことができます。
そして何より、工事現場やお客様などに直接触れることできるという私の夢が叶えられることが決め手となりました。
Q.面接で苦労したこと、学んだことは?
A.自己アピールが難しい
面接は、自己アピールすることが難関でした。要領よく自分の特長を他人に伝えるためのエピソードや体験談を探すのに苦労しました。
経験したことや感じたこと振り返ってみると自分の行動が客観的に見られるので、これからの自分の行動をブラッシュアップする良い機会になったと思います。
Q.就職を決めるときに学校の勉強で役に立ったことは?
A.自分の考え通りに住宅を設計することは楽しい
「住宅設計」の授業で設計の方法論を学び住宅メーカーに就職しても自分はやっていけるという自信を付けることができました。また、思った通り住宅を設計することは楽しいということがハッキリと実感できたことは良い経験となりました。
「建築計画」では、住宅の考え方を学び様々な住宅の考え方があることを知りました。これからの実際の設計にも役立つと思っています。
Q.卒業までの学校の勉強で、特に身に付いたと思うことは?
A.「2級福祉住環境」と「宅建」の資格が取れました
身に付いたのは資格です。
各期の最後に行われる総合講座では、資格試験を目標とした講義や実習があるのですが、その講座で「2級福祉住環境」と「宅建」の資格を取れたことです。二つとも簡単に取れる資格ではないので助かりました。
Q.学校生活で一番楽しかったことは?
A.自分の成長が実感できる
夜間のいいところは、色々な人と出会えることです。年上の人もいて色々な相談に乗ってくるし、職種、業種のいろいろ、話題の幅が広がるのが楽しい。そして設計課題を提出した瞬間が楽しい。
何と言っても1つの建築にまとめ上げる楽しさは格別です。自分でやったという自信とともに、自分が成長したことを実感できて楽しい。

多田和秀先生

先生からのコメント
小野寺さんは事務職から住宅設計へとトラバーユ。
仕事と学校との両立が大変でしたが、「福祉住環境コーディネータ2級」、「宅地取引主任者」の資格を取得して建築家への一歩を大きく踏み出しました。





ページトップへ