建築科(夜間 建築士専科)

専門課程:2年制 / 専門士

主な就職先

就職活動インタビュー

就職先:株式会社フィルツ都市建築設計

涌井 貴弘さん

涌井 貴弘さん
出身校:新潟県立新発田高等学校
マンション設計のエキスパート
フィルツ都市建築設計は、主にマンションの建築意匠、構造、設備、施工図、設計監理を手がける中堅の設計事務所。計画段階から竣工まで建築設計業務を仕事を行っている。各セクションごとの社員教育には力を入れている。また、店舗設計やリゾート開発の企画設計、土地の有効利用の方法、企画など多岐の分野に渡る業務を行っている。
Q.あなたがこの会社を選んだ理由は?
A.転職大成功!
以前はサービス業に勤めていましたが、設計事務所で働きたいという思いを押し通しました。それは、未来に残る建築物を造りたいという幼い日の夢の実現でもありました。そして社長から「一から設計業界の仕事を教えあげるからやってみなさい」との声でこの会社への転職に踏み切りました。
Q.面接で苦労したこと、学んだことは?
A.自分のことをうまく説明できない・・・
面接で苦労したのは、大学の経済学部を卒業した私に、「畑違いの世界だけど・・・何故建築へ」という質問を投げかけられた時です。今でもこの質問についてはハッキリと答えられていないと思います。「漠然にとか」「幼いころから」といった曖昧な言葉で答えても面接は乗り切れないと分かっていました。自分を客観的にみて、自分ことを自分で分かることが必要だということを感じました。
Q.就職を決めるときに学校の勉強で役に立ったことは?
A.業界間の垣根はそれほど大きくはない
就職に役立ったことは、授業中の先生方の「生」の建築業界の話です。特に設計事務所の実際の仕事の進め方とか楽しさ、辛さを実習の合間に実体験を交えてお聞きすることができたことが大変役に立ちました。
職業人の立場はどこも同じなのだという気がして業界間の垣根を取り払ってくれた気がします。
Q.卒業までの学校の勉強で、特に身に付いたと思うことは?
A.AutoCADを道具として使いこなせるようになりました
に付いた技術は、AutoCADのスキルです。設計事務所に就職を決めることができたのもCADが自由に操作できるようになったからです。
当然ですが、講義科目で建築の専門知識を身につけながら実習授業が行われたので、建築を理解しながらCADの操作ができたことで道具としてCADを道具として使っていると実感できたこと、これが大きかったですね。
Q.学校生活で一番楽しかったことは?
A.学生ホールでの学生交流は楽しかった
休み時間に6階の学生ホールで友人と話す機会を持てたことは、忙しい夜間学生にとって有意義でした。
夜間は、年齢、職業が様々な人が集まってきています。仕事の話や趣味の話に耳を傾けるのが楽しかった。試験前に集まって勉強するのも久しぶりの体験で楽しい思い出になりました。

多田和秀先生

先生からのコメント
和久井君は、現職のサービス業を続けながら転職を決めました。CAD実習ではサッシュの取り付け方等の細かい点に着目して正確な図面の描き方にこだわるなど、設計に対する熱意を感じました。





ページトップへ