HOME > 学科紹介 > 建築科(夜間 建築士専科)

建築科(夜間 建築士専科)

専門課程:2年制 / 専門士

夜間2年間で“最も経済的に”二級建築士になる

建築科(夜間 建築士専科)3つのポイント!

POINT 01
働きながら一級・二級建築士の受験資格が得られる
平日夜の授業だけで建築業界で必須の二級建築士の受験資格が得られます。また、卒業後4 年間の実務経験により一級建築士も受験できます。
POINT 02
設計技術を身につけられる
建築士試験に必要な手描き製図から、CADソフトを使ったデジタルデザイン技術まで、実習授業を通して学ぶことができます。卒業後は施工管理(工事現場の監督)や設計の仕事に就くことができます。
POINT 03
建築業界への就職・転職ができる
現職を続けながら建築を学び、2年後には建築業界(建設会社、設計事務所、住宅メーカー、不動産会社、インテリア関連企業)への就職・転職ができます。



PICK UP CLASS [授業紹介]


通常授業と並行しておこなう
「二級建築士試験対策講座」
1年間で建築の基礎科目の授業(二級建築士試験範囲)を終え、2年次は応用科目から実践科目(一級建築士試験範囲)の授業に入ります。卒業後、二級建築士試験を1回で合格していただくために、「二級建築士試験対策講座」を通常授業と並行して実施します。2年間の通常授業の延長に二級建築士試験があるものと捉え、無理なく1回で合格を目指せるカリキュラムと授業を用意しています。担当教員は試験対策講座の経験が長く、授業時間以外での補講も積極的に実施しています。

実務経験豊富な教員による授業
当科では、豊富な建築実務経験(小規模戸建住宅から大規模公共建築の設計・監理業務までの経験)を持つ教員の方が授業を担当しています。細分化されたカリキュラムと独自の授業システム(授業シート、カルテ、解説)、豊富な授業資料を用いながら、真剣で、誰にでもわかりやすい授業を日々おこなっています。授業の内容については勿論のこと、建築業界(設計、施工、インテリア、不動産等)のことや人生相談についても、あらゆる疑問・質問に適切なアドバイスをいただくことができます。建築の専門家による高度で楽しい授業に期待してください。

建築業界で必須の「デジタル設計技術」
建築実務では製図板を用いた「手描き図面」を描く事はなくなりました。設計、施工の現場でも製図ソフト(CAD)や CG制作ソフト(3DCAD)を使えることは必須です。当校では製図ソフト(AutoCAD)、CG制作ソフト(Shade)から、作品のプレゼンテーションに利用されるグラフィック編集ソフト(Illustrator)、写真編集ソフト(Photoshop)の最新版ライセンスを購入。学生全員がこれら全てを活用できるように指導しており、視覚的に優れた設計作品の制作ができるようになります。

2年間で学んだ知識と技術の総まとめ
「卒業制作」
当校で学ぶ建築に関する知識は建築士の試験範囲に限るわけではなく、広く建築全般に及ぶものです。卒業後、建築業界で仕事をする上で必要な基礎知識は全て網羅しています。木造・鉄筋コンクリート・鉄骨造住宅から大規模建築まで、建築業界での仕事は多岐にわたります。卒業後の二級建築士試験は、実務で活躍するための第一歩に過ぎません。4年間の実務経験の後には、卒業生全員に一級建築士試験に挑戦していただきたいと考えています。「卒業制作」は、その一級建築士試験の範囲に及ぶ技術と知識を用いて取り組む、最後の設計課題になります。

資格を取ってプロになろう!

一級建築士合格を目指しています。卒業後0年目に二級建築士試験合格、卒業後4年目に一級建築士試験合格を目標に、実力をつけます。また、在学中にその他の資格も取得できます。


建築業界で活躍しよう!

建設業への就職先は、6割以上が年商1,500億円以上のゼネコン(大手、準大手、中堅ゼネコン)に就職しています。残りの約4割は設計事務所と大手不動産会社への就職になっています。



学科ブログ

記事一覧へ»

RSS





ページトップへ