学科紹介

バイオテクノロジー科

学科について知りたい方へ

まず資料請求ください

ココに注目!

授業の6割年1,000時間以上が実習!人数分の実験器具を完備!!

入学者全員が、基盤となるバイオ分析技術(化学分析、生物分析[微生物・細胞・動植物・遺伝子取り扱いなど)を習得できるカリキュラムとなっています。さらに、2年次の後半にはそれまで学んだ技術をフルに活用する総合実験があります。自分の興味や進む進路に応じて、それぞれの分野で要求されるバイオ技術を磨いていきます。

未来につながる各テーマで卒業研究!!好きなテーマでとことん実験します

食品加工等に及ぼす水硬度の影響について
→ 食品加工法開発
乳酸発酵生産物の抗ストレス効果について
→ 食品素材の機能、アンチエイジング
髪ダメージ回復法の研究
→ 食品素材の機能、生活関連用品
DNAチップによるGM大豆からの組換え遺伝子の検出法開発
→ 遺伝子組換え食品分析
PCRによるヒトゲノムDNAの多型解析
→ 医療、遺伝子解析、研究
学びを活かして海外でも羽ばたきたい。
宮原 ウゴさん好きな授業は、「動物実験」です。食品、医薬品、化粧品など、色々な業界で動物たちが私たちの生活や命を支えていること、私たちの人生に対して動物実験がいかに重要で役立っているかを知ることができるからです。入学したときは授業についていけるだけの日本語力が十分ではなく、漢字を読んだり書いたりすることがとても難しく悩みました。でも、先生や仲間たち、さまざまな人たちが支えて励ましてくれたのでがんばって授業で学ぶことができ、資格も取得することができました。
バイオテクノロジー科2年
ナカライテスク株式会社 内定
宮原 ウゴさん

バイオテクノロジー科の就職

就職率(平成30年3月末実績)
100%

取得できる主な資格

中級バイオ技術者認定/上級バイオ技術者認定/毒物劇物取扱責任者/危険物取扱者乙種第4類/有機溶剤作業主任者/特定化学物質および四アルキル鉛等作業主任者/環境社会検定試験(eco検定)/食品衛生責任者/情報検定(J検) 2級・3級/ビジネス能力検定(B検) 3級/ Microsoft Office Specialist(Excel, Word) など

TEACHER'S MESSAGE

大藤 道衛先生

応用バイオ化学実験(PCR 実験)
大藤 道衛先生

実験原理やコツを身につけましょう
ヒト、微生物、植物を問わずDNA 上の遺伝情報を調べるには細胞からDNAを抽出し、PCR で増幅して電気泳動やDNA チップにて解析します。この授業では、PCR 実験の原理、操作のコツを学びます。さらに、実際の検体の解析も体験します。学生自身の口腔内細胞から倫理指針に従いゲノムDNA を抽出し、アルデヒドの解毒に関わるALDH 2 遺伝子を増幅した後、個人による遺伝子の違い( 多型)を簡易型DNA チップにて調べます。また、GM 作物や食材からDNA を抽出後、GM 作物特有のDNA 配列をPCR で増幅し、電気泳動で解析します。このような実験授業を通じ、DNA 抽出法、PCR による遺伝子解析技術の習得を目指します。

卒業生の声

バイオテクノロジー科
2012年3月卒業
東京大学 医学系研究科
構造生理学
技術補佐員
田野倉 真紀さん

研究室へインターンに行く時に授業で教わった事が役に立ちました。
現在は、2光子顕微鏡という特殊な顕微鏡を用いて脳神経の機構の研究に携わっており、この機構の異常により発生するとされる統合失調症の解明を目指しています。
当校では実験をおこなう上での基本的なことをしっかり学べるので、研究室にインターン実習に行くことが決定した時は、授業で教わったことを1から復習しました。さらに、脳の構造や仕組みについても自分なりに調べ、知識を蓄えました。
実際におこなっている実験では、身に付けた技術や知識が全て活かせています。私が出した実験データが論文に載せられていると、今までの努力の成果を改めて感じることができ、当校で2年間頑張って本当に良かったと思います。