学科紹介

カリキュラムの特長

バイオ分析の実験は深くて広くて楽しい

テレビ番組「世界一受けたい授業」の理科実験でおなじみの農学博士・松延康先生は、小・中学生向けの理科実験教室やボランティア活動もしており、体験談がおもしろいと評判です。その松延先生は、生物学の授業と実習を担当しています。内容は細胞と動物の生理に関するもので、昆虫、魚類、哺乳類を扱う技術も学びます。生物の実験は分析データがばらつきやすいので、結果を判断するために統計的な考え方を利用します。その方法も松延先生が興味深く教えてくれます。

インターンシップでいろんな研究室を体験しよう

当科では企業や大学の研究室で一定期間働き、そこでのバイオテクニシャンのサポート体験をするインターンシップ制度を2年次の後半に取り入れています。慶應義塾大学医学部リサーチパークや埼玉医科大学などの研究機関で、遺伝子やタンパク質などの分析評価を通して実際の研究の進め方などを学びます。さらに、一昨年からは東京大学医学部そしてバイオ産業情報化コンソーシアム(JBIC)研究所などでのインターンもスタート。皆卒業後は、実験研究技術者としての就職を果たしています。

世界初のDNAチップ教材ってどんなものだろう

DNAチップとは、遺伝子の断片をガラスなどの基板にたくさん並べたもので、遺伝子の実験や分析に使う器具です。このDNAチップでさまざまな遺伝子実験が簡単にできるキットが世界初のDNAチップ教材「ハイブリ先生(商品名)」です。この教材を(株)DNAチップ研究所と共同で開発したのが大藤道衛先生です。当科では大藤先生のオリジナルテキストを使いながら、授業と実習を通して他では学ぶことのできない遺伝子分析技術をしっかり学べます。

テーマを追究し、バイオテクニシャンの一歩を踏みだそう

2年次は各自が研究テーマを決めて結果を報告する「卒業研究」を行います。一人ひとりが食品、遺伝子、生化学の3つの分野から好きなテーマを選んで積極的に研究しています。ユニークなテーマとしては、米粉パンづくり、おからを使ったおいしいシリアル、きのこやわかめの抗がん作用、ミドリムシの利用法、科学捜査とDNA鑑定、GMパパイヤの遺伝子解析などです。身近なところから命や健康を守るテーマを選んで研究する、まさにバイオテクニシャンの一歩といえるでしょう。