HOME > ニュース&お知らせ > 【建築】二級建築士合格者インタビュー!

ニュース&お知らせ

2010.02.01
【建築】二級建築士合格者インタビュー!

見事難関を突破し、二級建築士に合格した学生3名に、建築士を目指すキッカケ、資格取得に至るまでの過程、今後の目標、これから建築士を目指す方へのアドバイスを中心にインタビューを行いました。


学生時代には、建築家を目指して様々な経験をしてください。
01.jpg
生稲 美月さん   
建築研究科

■二級建築士をめざすきっかけは?
衣食住に関わる仕事に興味があり、家具屋や飲食店などで仕事をしてきましたが、建築関係の方との出会いで、建築家になりたいと強く思うようになりました。
建築家になるなら、まずは二級建築士を目指す必要があると思い、この学校を選びました。

■試験で苦労したことやがんばったことは?
いくつかの一般のコンペに参加しながら、試験勉強も進めていったので、両立するのが大変でした。暗記ものはコンペの時期にぶつからないように、最初に集中して行なうようにするなど工夫しました。
学校では、特に仲代先生の授業が分かり易かったです。実際の試験でも、授業で扱った過去問題に近いものも出て、とても役に立ちました。

■二級建築士を目指す後輩へアドバイスをお願いします。
建築研究科に入るなら、二級建築士取得以外の目標も持つと良いと思います。
建築家を目指す人にとって、資格取得は最終目的ではありません。たくさん時間のある学生時代にコンペに出品したり、建築事務所でアルバイトをしたりするなど、様々なことにチャレンジしてください。


授業の全てが役に立ちました。
02.jpg
音川 祐二さん   
建築研究科

■二級建築士をめざすきっかけは?
以前は運送業の仕事をしていましたが、将来は一人でもできる仕事がしたいと考えていました。もともとインテリアが好きだったので、そこから住空間の中も外も設計できる建築士に興味を持ちました。最終的には、一級建築士を目指しているので、二級取得はその目標への第一歩です。

■学校の授業で役にたったことは?
授業で無駄なことはなに一つありません。全てが役に立ったと思っています。先生方は、授業などで楽しく学べる工夫をしてくださったので、自然と知識が身に付きました。また、自分でもできるだけ時間を無駄にしないように、通学中にもトレーニング本で勉強しました。

■今の目標や、将来の夢を教えてください。
目下の目標は就職の内定をもらうことです。将来的には、自分で設計事務所を開設して独立したいですね。そのために、部署が分かれている大きな会社ではなく、何でもやらせてもらえるような設計事務所で、一から全てを学びたいと考えています。いずれは自分で設計した建物をつくりたいですね。


自分の設計事務所を開くのが夢です!
03.jpg
長島 市郎さん   
建築研究科

■二級建築士をめざすきっかけは?
一度は大学に入り機械工学を学んでいましたが、建築に興味が湧き、途中で大学を辞めて、建築士を目指すことにしました。実家が工務店をやっているので、ゆくゆくは家業を継ぎたいと思っています。また一から大学で勉強するのは時間もお金も掛かるので、効率よく学べるこの学校を選びました。

■試験で苦労したことやがんばったことは?
暗記が苦手で、施工や計画についてなど、なかなか覚えることができず苦労しました。試験時間内に図面を描かなくてはいけない設計についても、何度も練習しました。
授業では、建築科の2年間で学んだことを復習しながらの試験対策が多かったので、うる憶えだった知識を改めて覚えなおすことができました。

■今の目標や、将来の夢を教えてください。
まずは家業を手伝い、現場で見習いをしながら実践的に建築を学んで行きたいです。実務4年で一級建築士試験資格が得られるので、4年後には一発合格を目指します!また管理建築士資格も取って、自分の設計事務所を開くのが夢です。