HOME > 学科紹介 > 建築監督科 > 実習紹介

建築監督科

専門課程:4年制 / 高度専門士

実習紹介



建設現場のスペシャリストへ!

建築監督科では、実際の建設現場で必要となる資格や技術の実習を定期的に実施しています。
ただ単に知識だけあっても建築監督として活躍することはできません。建設現場の誰からも信頼される建築監督になるために、様々な技術を実習で習得します。

高所作業車技能講習
外壁の工事や電気関係などをはじめとした、高所での作業に必要な資格です。2日間にわたる講習を受け、免許をもらいます。

小型移動式クレーン
つり上げ荷重5t未満の移動式クレーンの運転の講習を受け、免許をもらいます。

鉄筋コンクリート破壊実験
鉄筋コンクリートに大きな力をかけることによって発生する、様々な破壊メカニズムについて、学内にある材料実験室で学びます。

玉掛け技能講習
クレーンで建築部材などを掛け外しする作業に必要な資格です。吊り荷にかけるワイヤーの掛け方などを学びます。





ページトップへ