HOME > 学科紹介 > 建築監督科 > 教員紹介

建築監督科

専門課程:4年制 / 高度専門士

教員紹介

建築監督科の個性豊かな教員のご紹介です。
担当授業や、各分野を目指す事となったきっかけなどが分かります。

杉本 安雄科長

詳細

杉本 安雄科長

4年間で行う授業はすべて、建築業界でリーダーシップをとるために用意されたものです。
建築物をこの地上に立ち上げるために必要なあらゆる授業が濃密にかつ効率的にカリキュラム化されています。なぜ4年間なのかとの問いには、大学4年生と同じ土俵に立つためですと答えています。大学生が一般教養を学んでいるときも監督になるための専門授業を行っています。他の4年間の教育成果の2年先にいるというテーマで進めている学科で、ものつくりの醍醐味を感じてください。

小林 文雄先生

詳細

小林 文雄先生

教職は学生に夢を与える職業だと思っています。
これからの世の中を背負って立つ若者に希望を持って育っていってもらいたいです。

李 正浩先生

詳細

李 正浩先生

建築の構造を語らせたら止まらない!
熱血授業で、むずかしい「建築構造」をわかりやすく教えてくれる先生です。

綾 英登先生

詳細

綾 英登先生

色々な設計を経験している、設計のスペシャリスト!
現場で得た豊富な経験をもとに、設計について楽しく・愉快に教えてくれる先生です。

加藤 諭先生

詳細

加藤 諭先生

堅実な設計といえばこの先生!
もちろん、設計だけでなく建築設備にも精通する若手建築家。
優しく丁寧に設計を教えてくれます。

加藤 陽介先生

詳細

加藤 陽介先生生

住宅セレクションなど、数々のコンペで賞を受賞。
住まいづくり講座、施工技術者講習、住育支援、DIYコーディネートなど幅広く活躍する建築家。

安藤 拓也先生

詳細

安藤 拓也先生

小さい頃から特に目立たない自分が建築業界に入った途端に周りに認められたり、評価されたり、ヒーローになったりと人にはそれぞれの能力が眠っていることがあります。
最終的にどんな仕事を選ぶかは分かりませんが「創る」という仕事を選ぶならば建築を学んでおくことに失敗はないと思います。





ページトップへ