HOME > 学科紹介 > 建築監督科 > 取得できる資格

建築監督科

専門課程:4年制 / 高度専門士

取得できる資格

資格を取ってプロになろう!

一級建築士(実務経験2年)

国土交通省が管轄する国家資格です。全ての建築の設計および工事監理を行なうことができる最高位の建築士資格です。

二級建築士(実務経験0年)

都道府県知事が管轄する資格です。一定規模以下の木造建築物、その他鉄筋コンクリート造などの建築物の設計と工事監理を行うことができます。

1・2級建築施工管理技士(実務経験短縮)

国土交通省が管轄する、施工管理技士国家資格のうちの一つです。 建設業を営む場合の許可基準の一つに、営業所に専任の技術者を置かなければならないという基準と、建築工事現場に置く技術者の基準があります。 いわば施工におけるプロの資格です。
1級は一般建設業と特定建設業の16種の建設工事で監督や技術指導が行えます。 2級は1級より工事規模が小さくなり、建築施工、躯体施工、仕上施工の3分野の主任技術者になれます。
建築監督科では2級建築施工管理技士の1次試験は在学中全員合格を目指します。卒業後は「監督」の仕事の経験を1年間つむことで、2次試験を受験できます。また1級建築施工管理技士は、「監督」経験3年で受験ができます。

1級・2級管工事施工管理技士(実務経験短縮)

国土交通省が管轄する、施工管理技士国家資格のうちの一つです。建設業における給排水・給湯設備工事、衛生設備工事、空調工事、ダクト工事、ガス配管工事などの管工事における施工計画や工事管理などの業務を行うことができる資格です。
建築監督科を卒業すると、1級は実務経験3年、2級は実務経験1年で受験が可能になります。

1・2級電気工事施工管理技士(実務経験短縮)

電気工事の実施に当たり、その施工計画及び施工図の作成並びに当該工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術を認定した資格です。
建築監督科を卒業すると、1級は実務経験3年、2級は実務経験1年で受験が可能になります。

1・2級造園工事施工管理技士(実務経験短縮)

近年の屋上緑化・公園・庭園・道路緑化工事等、都市環境整備事業拡大に伴い造園工事の適正な施工の確保を目的に制定された資格です。
建築監督科を卒業すると、1級は実務経験3年、2級は実務経験1年で受験が可能になります。

福祉住環境コーディネーター3級・2級

現在の高齢化社会にあっては、個人住宅から老人ホーム、病院などの福祉関連建築にかかわる場合に必要な建築、医療に関する知識が問われる資格です。 バリアフリーからユニバーサルデザインに関する基本的な考え方、設計手法が問われる資格です。

CAD利用技術者2級・1級

CAD操作を行う上で必要なパソコン関連の基礎知識と製図手法についての基礎知識を問われる試験。 建築実務の上で必要な基礎知識でもあるので、建築を学ぶ学生には必要な資格試験です。

宅地建物取引士

不動産(宅地や建物)の売買、交換など、また賃貸の代理や仲介を行うことができる国家資格です。

ビジネス能力検定(B検)3級・2級

ビジネス能力検定(B検)は、企業が求めるビジネス能力を客観的に評価する文部科学省後援の検定試験です。 平成7年、産学協同により生まれて、これまでに66万人が出願、40万人の合格者が社会で活躍しています。 B検は3つのグレードから構成されています。業種・職種を問わず、3級は社会人に必要な基礎能力を、 2級は仕事の実践能力を、1級はリーダーに求められるマネジメント能力を評価します。

インテリアコーディネーター

住む人にとって快適な住空間を作るために適切な提案を行うプロフェッショナルがインテリアコーディネーターです。 インテリアコーディネーターはインテリアに関する幅広い商品知識を持ち、 インテリア商品相互の調和を考え、インテリア計画の作成や商品選択のアドバイスなどを行います。 (社)インテリア産業協会が資格試験を実施しインテリアコーディネーターを認定しています。





ページトップへ