HOME > 学科紹介 > 建築監督科

建築監督科

専門課程:4年制 / 高度専門士

建築工事現場の最高責任者「現場所長」になる

建築監督科3つのポイント!

POINT 01
オンリーワンカリキュラムで一流建設会社に入社
同じ4年間の学びでも、大学の場合は「一般教養~専門選択~ゼミ」という流れですが、建築監督科では「4年間すべて建築工事の専門技術」を学ぶので、一流建設会社に就職できます。
POINT 02
1級建築施工管理技士と一級建築士になる
現場監督に必要な「1級建築施工管理技士」と、建設業界で活躍するために必要な「一級建築士」の資格の両方を取得できる力を身につけます。卒業後は建設業界の第一線で活躍してください。
POINT 03
設計ができて、工事に必要な工事用図面が描ける
設計技術は個人住宅~大規模建築物まで学びます。さらに、自ら設計した建築物の工事用図面(施工図)まで描けるようになります。設計者の考え、設計から工事に必要な事を読み解く力がつきます。



建築監督科Topics


「建築の出来るまで」をリアルに学ぶ

ゼネコンの協力のもと企業施設利用学習や、企業からの課題に取り組む「企業課題科目」 などの独自カリキュラムを企業と協同開発。 「建築の出来るまで」についてリアリティをもって学べます。


実際の現場で起きるリアルな課題をもつ

<企業科目>
基本の建築学を各ジャンルに分けて学びます。 その上で、「学校での講義」と「建設現場での学習」を相互に繰り返し学びます。 また、企業から出される「課題」の回答は実務につながっていきます。


1級建築施工管理技士・一級建築士資格がベース

<建築基本科目>
一級建築士と1級建築施工管理技士に必要な科目群で構成。 「設計」と「施工」の関係を、設計課題を通して学んでいきます。 専門アプリケーションソフトを扱えるような、コンピュータソリューションという視点でカリキュラム化しています。


建築監督資質を育成、向上させる

<社会科目>
「建築監督」という職業観育成のために用意された、 「建築構造史」「建築設備史」や「過去の事故からの技術発展史」などの科目や、 ディスカッションやファシリテーション、相手との関係をディベート手法で学ぶ科目を用意。


資格を取ってプロになろう!

1級建築施工管理技士と一級建築士資格の取得を目標とします。


建築業界で活躍しよう!

一流建設会社の施工管理部門に就職します。 特にスーパーゼネコン各社にオープンエントリーして入社を勝ち取ることを目標にしています。



学科ブログ

記事一覧へ»

RSS





ページトップへ