HOME > 学科紹介 > 建築監督科

建築監督科

専門課程:4年制 / 高度専門士

建築工事現場の最高責任者「現場所長」になる

建築監督科3つのポイント!

POINT 01
オンリーワンカリキュラムで一流建設会社に入社
同じ4年間の学びでも、大学の場合は「一般教養~専門選択~ゼミ」という流れですが、建築監督科では「4年間すべて建築工事の専門技術」を学ぶので、一流建設会社に就職できます。
POINT 02
1級建築施工管理技士と一級建築士になる
現場監督に必要な「1級建築施工管理技士」と、建設業界で活躍するために必要な「一級建築士」の資格の両方を取得できる力を身につけます。卒業後は建設業界の第一線で活躍してください。
POINT 03
設計ができて、工事に必要な工事用図面が描ける
設計技術は個人住宅~大規模建築物まで学びます。さらに、自ら設計した建築物の工事用図面(施工図)まで描けるようになります。設計者の考え、設計から工事に必要な事を読み解く力がつきます。



建築監督科Topics


「建築の出来るまで」をリアルに学ぶ

ゼネコンの協力のもと企業施設利用学習や、企業からの課題に取り組む「企業課題科目」 などの独自カリキュラムを企業と協同開発。 「建築の出来るまで」についてリアリティをもって学べます。


実際の現場で起きるリアルな課題をもつ

<企業科目>
基本の建築学を各ジャンルに分けて学びます。 その上で、「学校での講義」と「建設現場での学習」を相互に繰り返し学びます。 また、企業から出される「課題」の回答は実務につながっていきます。


1級建築施工管理技士・一級建築士資格がベース

<建築基本科目>
一級建築士と1級建築施工管理技士に必要な科目群で構成。 「設計」と「施工」の関係を、設計課題を通して学んでいきます。 専門アプリケーションソフトを扱えるような、コンピュータソリューションという視点でカリキュラム化しています。


建築監督資質を育成、向上させる

<社会科目>
「建築監督」という職業観育成のために用意された、 「建築構造史」「建築設備史」や「過去の事故からの技術発展史」などの科目や、 ディスカッションやファシリテーション、相手との関係をディベート手法で学ぶ科目を用意。


資格を取ってプロになろう!

1級建築施工管理技士と一級建築士資格の取得を目標とします。


建築業界で活躍しよう!

一流建設会社の施工管理部門に就職します。 特にスーパーゼネコン各社にオープンエントリーして入社を勝ち取ることを目標にしています。

ココに注目!

建築監督と現場所長は、「現場」のすべてを把握している!

現場所長の大切な4つの仕事

品質

沢山の図面の中から必要な情報を集め、適切な指示をする
同じ部分の工事なのに、図面によって記述が違っていたり、注文した部品が所定の場所にうまく取り付けられなかったりと、いつも建築工事は一筋縄ではいきません。事前に多くの情報を集め整理し、実際に工事をする人に正しい情報として伝える必要があります。

予算

工事が予算通り終わるように出金管理をする
建築工事は最初に決められた予算しかありません。その予算内で最も質が高い物を、間違いなくつくることが大切。その分、現場所長には全ての「予算」が預けられます。

工期

工事が予定通り完成できるように計画を立てる
材料の手配、人の手配、時には天候や気温などにも気を配ります。工事にともなう、役所への書類提出、近隣の住民への説明なども所長の仕事です。

安全

工事中に事故が無いように現場内の安全に気配りする
一歩間違えれば大きな事故につながるのが建築現場。小さなことにも気配りして、事前に危険を察知する能力が必要です。

大手に就職をする有利さとは?
  • 小さい会社で経験を積んでも大きい会社には入れない!
  • 大手企業は東京に本社があり、全国の「大きな仕事」を請けている。
  • 大手企業の建築監督は高収入!
  • 独立の道もある一生の仕事。
設計ができて、工事に必要な工事用図面が描ける
設計技術は、個人住宅~大規模建築物まで学びます。
さらに、自ら設計した建築物の工事用図面(施工図)まで描ける力が身につきます。また、設計者の考えや、設計から工事に必要なことを読み解く力も身につけることができます。

充実の授業で成長を実感できています
この学校に入学したのは、施工管理に関するカリキュラムがとても充実していて、就職に関しても大手ゼネコン企業への入社実績が豊富だったことです。企業連携の授業や実習では、普段はできない地域の人々とのコミュニケーションや地域調査を通して作品をつくりあげていくので、とても刺激を受けました。設計の授業では自分のペースで設計を進めることができ、不明点は先生が本当に細かく教えてくださるので充実しています。それにより、設計のプランニングやデザインに自分自身で成長を実感できています。
建築監督科2年
森田 泰徳さん

森田 泰徳さん



学科ブログ

記事一覧へ»

RSS





ページトップへ