HOME > 学科紹介 > 情報処理科 > グループワーク

情報処理科

専門課程:2年制 / 専門士

グループワーク

「グループワーク」で実務スキルとIT資格を習得しよう!

情報処理科では「グループ」という単位を大事にしており、グループ単位で課題に取り組んだり、資格試験や定期試験の対策を行ったりしています。クラスメイトはライバルでもあり仲間でもあります。お互いに切磋琢磨することも大切ですし、学習が遅れている人をフォローする仲間意識も大切です。また、IT業界ではチームを組んで仕事をすることが多く、チーム内でのコミュニケーションが重要です。
当科のグループワークはそういったことに寄与しており、その結果が高い資格合格率(OCJ-P、Oracle Master Bronze、UMLファンダメンタルは全員合格)や早期就職内定(毎年8月末内定率80%超)につながっています。

仕事場カリキュラム「Webアプリケーションシステム開発」

1・2年生合同で実施しているWebアプリケーションシステム開発のグループワークでは、企業の方々から課題をいただきグループで役割を決め、開発にかかります。1年生は全体の流れを学び、2年生は開発の上流を受け持ちます。完成後に開催する評価会では企業の方々にもご出席いただき、評価をしていただきます。

仕事場カリキュラム「Webアプリケーションシステム開発」

PC分解・組立て

パソコンの分解・組立てをグループにて取り組みます。
1年次に実施するコンピュータの仕組みを知るための基礎的な授業になっており、学生は楽しみながら分解・組立てをして理解を深めています。

PC分解・組立て

資格試験対策

基本情報技術者やOracle Masterなど、IT業界で必要とされる資格取得のためにグループ単位での資格対策も実施しています。
グループ内で教えたり・教わったりしながら共に力をつけていくことで、全員合格を目指しています。

資格試験対策