インテリア科|専門学校の東京テクニカルカレッジ

専門課程:2年制 / 専門士

取得できる資格

資格取得者インタビュー

「インテリアコーディネーター」取得者

森山 真司さん

森山 真司さん
出身校:私立流通経済大学附属柏高等学校
主な資格取得
  • インテリアコーディネーター 在籍合格率22%、受験者合格率27%
  • 福祉住環境コーディネーター3級 在籍合格率45%、受験者合格率55%
  • 色彩検定3級 在籍合格率95%、受験者合格率95%
  • 商業施設士補 在籍合格率93%、受験者合格率100%

「インテリアコーディネーター」についてのQ&A

Q.なぜこの資格に関心をもったのですか?
A.専門学校に入学する以前からインテリアについて考えることが大好きで、インテリアに関わる仕事に就きたいと思い「インテリアコーディネーター」の資格を取得しようと決めた。
インテリアを学んでいくうちに住宅の設計をやりたいと思いはじめ、より幅の広い知識が必要と感じたため「福祉住環境コーディネーター」等の資格にも関心を持つようになった。
Q.どんな授業や勉強が資格取得に役立ちましたか?
A.「インテリアコーディネーター」は、家具やカーテンなどといったインテリアエレメントの知識だけではなく、建築や色彩、人間工学など学ぶべき知識は広範囲にわたる。そのため、どの授業も関連性があり役立つ。
また、机上の勉強だけではなく、キッチンや家具などのショールームへ行く課外授業は大変勉強になる。実際に商品に触れたり、自分の目で確認することで知識として頭に残りやすくなるし、最新の情報を得ることが出来る。
Q.この資格は就職にどんなふうに役立ちますか?
A.私はリフォームの会社への就職が決まっている。仕事内容としては、リフォームの提案から設計まで一貫して担うことになる。当然、お客様の信頼を得て立派に仕事をこなすためには、建築・インテリアに関する豊富な知識と技術を身につけなければならない。
「インテリアコーディネーター」や「福祉住環境コーディネーター」の知識や技術はその基本として役立つと考えられる。資格そのものよりも勉強の過程が大切である。

白井雅哲先生

先生からのコメント
「インテリアコーディネーター」試験合格、おめでとう!
日々の授業に、資格に、デザインコンテストに、大活躍の2年間でしたね。
次は、卒業後1年での「二級建築士」合格を目指して下さい。





ページトップへ