ゲームプログラミング科|専門学校の東京テクニカルカレッジ

専門課程:2年制 / 専門士

教員紹介

ゲームプログラミング科の先生方を紹介します。

松田達夫科長

詳細

松田達夫科長

コンシューマーゲーム機の初期からプログラマをスタートし、18年間現場でゲームを制作してきました。本学校の教員になるまで、発売されたゲームソフトの数は50本ぐらいあります。メーカーでの仕事経験やソフトハウスでの仕事経験を活かし、現場で必要な事を的確に学生へ伝え「出来る人間」を育てたいと思い、日々授業を行っています。
(ビジネス系でシステムエンジニア経験も3年間)

【会社&作品】
株式会社 セガ、アークシステムワークス株式会社、株式会社アスペクト・・・
「どきどきペンギンランド」「獣王記」「セーラームーン」「GoGoアックマン」
「超魔神英雄伝ワタル」など

近 光一先生

近 光一先生

当校でプログラミングを学びゲーム業界に就職。 ゲームボーイアドバンスや任天堂DSの作品、数十本に携わる。
現在はゲーム業界での技術を、学生にわかりやすく教えるだけではなく、Webコンテンツやスマートフォンアプリ開発の仕事も行っている。
ゲームシステムをはじめ、多数のジャンルをこなす技巧派先生。

【作品】
・超劇場版 ケロロ軍曹 演習だヨ!全員集合(DS)
・ZooTycoon 動物園をつくろう!(DS)
・ファインディング・ニモ 新たなる冒険(GBA)
・ファインディング・ニモ タッチでニモ(DS)

中村一朗先生

中村一朗先生

ゲーム企画やシナリオをコンシューマーゲーム機の初期から携わって来た一方で、一級建築士での仕事やフリーライターとして数々の出版物もある、異色肩書きをもつ先生。授業ではゲームや映画などの幅広い題材で企画やシナリオの書き方を教えています。
(公認の国内ラリーでドライバー歴22年以上)

【出版著書】
「電脳遊戯の事件簿」(三交社)「ファンタジーのつくり方」「DIY感覚でわが家をつくる」
「子どもにやらせたいゲームはこれ!」(彩流社)





ページトップへ