ゲームプログラミング科|専門学校の東京テクニカルカレッジ

専門課程:2年制 / 専門士

卒業生の声

ゲーム業界で活躍する先輩からのメッセージ

全くの初心者から夢のゲームプログラマになれました!

ゲームプログラミング科卒業 株式会社朱雀 湊 啓太さん

相談しあってよりよいゲームを作っていく作業が楽しい。

Q. 現在の仕事について教えて下さい。

開発部プログラム室というところで、ニンテンドーDSタイトルの開発を行っています。
これまで、「そろばんDS」「ぽろろんっ!ドコモダケDS」「ドカポンジャーニー!」等の制作に携わってきました。 現在制作中のものは、ステージを選ぶ画面の処理などのメニュー周りを担当しています。
組んだプログラムが実際に動いたときは、やはりうれしいですね。
また、プログラマというと画面にばかり向かっているイメージがあるかもしれませんが、プログラムに問題や改善点が見つかれば、 担当の人たちと話し合いをして解決する必要があります。相談しあってよりよいゲームを作っていく作業が楽しいですね。
作品が出来上がり、自分の名前をスタッフロールに見つけたときは、うれしさと達成感を得られます。

Q. 授業や学校生活はいかがでしたか?

入学するまでプログラミングについての知識は全くなく、本当にゼロからスタート。 だから最初の頃は授業についていくのがやっとでした。 僕は一人でじっくり考え込んでしまうタイプなので、理解するまでに余計時間がかかってしまったようです。 先生は質問には親切に何でも答えてくれるので、今思えば、もっと質問をしていれば早く理解できていたでしょうね。 次第に学校にも慣れ、授業をしっかり受けているうちに理解も深まり、応用もできるようになってきました。 特に思い出に残っているのは、初めての学園祭ですね。クラスメイト全員が、一人ひとつずつゲームを作って展示をしたんです。 それぞれアイディアや技術を活かしたゲームを作ってお互いに評価しあうことも楽しかったですし、 また、自分のゲームを実際にお客さんに楽しんでもらえたのがとてもうれしかったことを覚えています。

Q. ゲームプログラマを目指すきっかけは?

子供の頃からゲームは好きでしたが、まさか自分がゲームを作れるとは思っていませんでした。高校を卒業したら普通に就職するのだろうと考えていたんです。
でも、友達に誘われた学校見学会がきっかけで、東京テクニカルカレッジに入学してゲームの道に進もうと決めました。見学会では、実際にプログラミングを体験。「自分にもゲームプログラムができる!」と初めてゲームプログラマになれる可能性に気づくことができました。
また、当社にも東京テクニカルカレッジの卒業生が何人もいますが、業界とのネットワークも魅力的に感じました。このとき誘ってくれた友達には本当に感謝ですね。

Q. 後輩へのメッセージをお願いします。

入学前にゲームプログラムについての知識がなくても、努力次第でやりたいことは絶対にできるようになります。最初は全く知識がありませんでしたが、東京テクニカルカレッジで、2年間しっかりとゲームプログラムを学ぶことで、プロへの道が開けました。あの時、自分にはできないと思いこんでいたら、今の僕はありません。
僕も、これから勉強を始める皆さんに負けないように、更に知識と経験を磨いてゲームのプログラマを統括するメインプログラマを目指します! 





ページトップへ