ゲームプログラミング科|専門学校の東京テクニカルカレッジ

専門課程:2年制 / 専門士

在校生の声

ゲームプログラミング科 礒貝 波留佳さん ゲームプログラミング科 1年
県立大分舞鶴高等学校 出身
礒貝 波留佳さん

誰もが楽しめるゲームをつくりたい。

私の将来の夢は、ゲーム会社に就職してプログラマとして、子供から大人まで全ての人に受け入れられ遊んでもらえるゲームの制作に関わることです。そのためにもこの学校の授業を通してプログラマとしての専門知識を高め、かつ社会人として必要な知識やマナーを生活する中で身につけていきたいと思います。

ゲームプログラミング科 川田 祐輔さん ゲームプログラミング科 2年
株式会社GAE 内定
東京工業大学附属科学技術高等学校・日本大学 文理学部 教育学科 出身
川田 祐輔さん

興味のあることに本気で取り組む。

大学在学中はやりたいことが見つからず、就職活動にも熱が入りませんでした。そこですこし興味のあったプログラミングを本気で勉強しようと思い、進学しました。学校では勉強だけでなく人としての成長も目指し、今では周りから「成長したね!」と言われるようになりました。先生の熱心なアドバイスのおかげです。

ゲームプログラミング科 洲澤 佑輝さん ゲームプログラミング科 2年
株式会社グッド・フィール 内定
県立越ヶ谷高等学校 出身
洲澤 佑輝さん

学んだことを活かして喜んでもらえるモノを作り続けていきたい。

私は高校生の時、プログラムを学ぶことのできる専門学校へ進学しようと考えていたため、様々な専門学校のオープンキャンパスに参加しました。
その中でも東京テクニカルカレッジの先生は、学生一人ひとりを他の学校よりもよく見てくれていたことを覚えています。そんな先生の熱心さに惹かれ、私はこの学校に入学したいと思いました。
私はプログラマとしてだけでなく、様々な事を学び、学んだことを活かして誰かに喜んでもらえるモノを作り続けていきたいです。

ゲームプログラミング科 馬淵 寛之さん ゲームプログラミング科 2年
有限会社ランカース 内定
都立駒場高等学校 出身
馬淵 寛之さん

モノづくりへの興味を湧かせるようなゲームプログラマになりたい。

フリーターだった私は、どうしても夢が諦めきれずにこの学校を訪ねました。飛び込みの見学だったにもかかわらず、先生が親身になって話を聞いて下さりました。門を叩いたこの日から、もうすぐ2年になります。挨拶・礼儀・技術・センス、様々な事を教えて頂きました。学べば学ぶほど、より深い技術や演出の魅せ方への興味が尽きません。私は少しでも多くの開発に携わり、モノづくりへの興味を湧かせるような作品を世に出し続けたいです。

ゲームプログラミング科 佐々木 利幸さん ゲームプログラミング科 2年
株式会社エスポ 内定
県立新栄高校 出身
佐々木 利幸さん

自分が作ったゲームを世の中に出して、様々な人に楽しんでもらいたいです。

オープンキャンパスに来たとき、講師である松田先生の体験授業がとても面白く、私もこんな楽しいゲームを作って様々な人に楽しんでもらいたいと思い、この学校へ入学したいと思いました。
今はまだまだ知らないことも多いので様々なことにチャレンジしています。
就職したら、皆が楽しんでくれるゲームを世の中に出せるように努力していきたいと思っています。

ゲームプログラミング科 西田 千尋さん ゲームプログラミング科 2年
株式会社テクニカル・ジィ 内定
私立遊学館高校 出身
西田 千尋さん

先生との距離が近く、東京で一人暮らしをする不安も無くなりました。

オープンキャンパスの時に先生が親身になって話を聞いてくださりました。その時に、この学校なら先生との距離が近いのではないかと思い、東京で一人暮らしをする不安も無くなったので、入学を決めました。
また、就職先がゲーム系とIT系に別れているので、就職の視野が広がるのではないかと思ったことも理由にあります。
この学校ではプログラムだけでなく、挨拶や報告・連絡・相談の重要性も学んだので、就職してもその事を忘れずに仕事をしたいです。

ゲームプログラミング科 木原 佑太さん ゲームプログラミング科 2年
データテクノロジー株式会社 内定
県立川口高等学校 出身
木原 佑太さん

ゲームプログラミングの知識を活かして、より高度なシステム開発を

私は現在、プログラミング能力を向上させるためにC言語をやっています。
これから勤める場所では、組み込み系と呼ばれ、マイクロコンピュータなど目に見えないような部品の開発を行います。高度なシステムを開発するため、より高い能力が必要となります。そのため、今まで教わってきましたゲームプログラミングの知識を駆使しながら勉強しています。そして、今以上の力を付け、現場で即戦力になり、周りを引っ張っていく存在になりたいです。

ゲームプログラミング科 菅井 卓哉さん ゲームプログラミング科 2年
日本データコム株式会社 内定
都立松が谷高校 卒業
菅井 卓哉さん

就職した後もモチベーションを高く持ち仕事を頑張りたいと思います。

オープンキャンパスに参加した時に、在校生と先生方が仲良くお話をしているのを聞いて、距離の近さを感じました。その時にこの学校なら楽しく勉強していけるのではと思い入学を決めました。
今は卒業制作のゲーム作りに力を入れ、最後まで悔いの残らないように頑張っていきたいと思っています。卒業制作で勢いをつけて、就職した後もモチベーションを高く持ち、この学校で学んだことを活かして仕事を頑張りたいと思います。

ゲームプログラミング科 関根 俊平さん ゲームプログラミング科
関根 俊平さん

技術だけでなく“ものの考え方”と“社会人としての心構え”を学ぶ

私は当校のオープンキャンパスに来た時、松田先生の学科説明、体験授業を受けてこの学校に入学したいと思いました。
他校の先生にはない雰囲気を持ち合わせており、仕事の経験が豊富なゲームプログラミング科の先生のもとでプログラム技術と社会人の基礎力を学びたいと思ったからです。
入学後に感じた事は、授業を受けて"ものの考え方"を学び、それとは別に学校生活をしていく中で"社会人としての心構え"を学ぶこともでき、当校に入学して本当に良かったと思います。





ページトップへ