建築科(夜間 建築士専科)

専門課程:2年制 / 専門士

学科ブログ

RSS

今年度より、当校建築科又は建築科夜間課程を卒業し10年以上の実務経験を持つ卒業生に1コマ毎に「建築実務に関する講座」をお願いしています。 初日は、OMソーラーの住宅建設を中心に行っている施工会社にて設計・施工管理をしている卒業生と、大手不動産会社で住宅のリフォームの設計・施工管理

続きを読む»

先週、3月17日(金)18:30より建築科夜間課程の卒業証書授与式が行われました。夜間の時間では、昨年度に引き続き2度目となります。 今年は、卒業生の90%以上の方に参加いただき、お一人お一人に対して、高瀬校長から卒業証書の授与をしていただきました。 2年間、働きながら学校に通っ

続きを読む»

建築科夜間在校生の会社が出展された「建築建材展」(東京ビックサイト)の見学に行ってきました。業界最大手の企業から特殊な製品を得意としている企業まで、様々な建築資材が展示されていました。建築を学んでいる在校生が関わっている、というのは社会人クラスの夜間課程ならではの風景だと思います

続きを読む»

新年度から建築業界で10年以上のキャリアを持つ当校卒業生(30~40歳代の方々)に、毎週一コマずつ「業界講座」をお願いする予定です。 卒業後、学校で学んだ知識をどのように生かしながら日々の仕事に取り組んできたのか、学校で学んだことと実務で得た知識のギャップはどこにあるのか、そもそ

続きを読む»

建築科夜間課程の見学に来られる社会人の方から、「建築を学んでどのような職種の仕事に就けますか?」という質問をよくいただきますが、以下、主なものをあげさせていただきます。 建築の設計系の職種としては意匠設計(住宅、マンション、オフィスビルなどのデザイン)、構造設計(骨組みの設計)、

続きを読む»

いよいよ2月。新年度からの進学を検討されている社会人の方には「決断」の時が迫っています。建築を学んで建築士の資格を目指す、職場内での移動や建築関連企業への転職を検討している等、専門学校の夜間過程で「建築」を学ぶ意義について個別具体的に説明をさせていただきます。平日、仕事帰り、是非

続きを読む»

建築系学科では、その歴史について学ぶ「建築史」という授業があります。日本だけでなく西欧の古代から現代までの建築の様式や技術的な特性について、その概略を学びます。その知識は、身の周りにある様々な建築物について理解する際に役に立ちますが、とりわけ、歴史も文化も異にする海外に出かけた際

続きを読む»

先週末、年内最後の作品講評会が行われました。 1年生は木造住宅、2年生は複合施設の設計課題に対する講評会となりました。 仕事をしながら学校に通う忙しい毎日の中で、各自オリジナルの作品制作に取り組んできた成果を発表してもらいました。 担当教員の予想を超える作品となった方、思った通り

続きを読む»

建築科夜間課程在籍の2年生には、建築系国家資格の一つ「2級施工管理技士試験(一次試験)」を受験いただいています。在学中にできる試験であり、また卒業後の2級建築士試験とも内容が重なるところが多いためでもあります。社会人の方で、既に建築施工の実務経験をお持ちの方には、2次試験まで受験

続きを読む»

現在2年生は、中野駅前に、役所施設、商業施設、集合住宅、地下駐車場、広場などを含む複合施設を計画するという大規模な設計課題に取り組んでいます。夜間課程の授業時間数の関係から全ての施設を詳細に設計していただくことはできませんが、場所性を考慮した上で、それぞれの施設をいかに配置するの

続きを読む»



ページトップへ