HOME > 学科紹介 > 環境テクノロジー科 > 学科ブログ > 環境テクノロジー科(2年間)実習授業の紹介⑤ 【2年3期・4期】

環境テクノロジー科

専門課程:2年制 / 専門士

学科ブログ

RSS

環境テクノロジー科(2年間)実習授業の紹介⑤ 【2年3期・4期】

2017.08.14

前回のブログに引き続き、2年次の3期・4期の実習授業についてご紹介します。

<2年3期>
■機器分析実習2:薄層クロマトグラフィーの実習、ガスクロマトグラフによるエタノール水溶液の定量の手法について学びます。
機器分析実習2_01

■自然環境調査・管理実習:生物多様性を確保するための管理手法と、その管理が適切かどうかフィードバックするためのモニタリング調査技術を学びます。都立光が丘公園バードサンクチュアリー内などを調査区とし、イネ科高茎草本を中心とした草地を維持し続けるための管理作業と調査を行います。
自然環境調査・管理実習2_01

<2年4期>
■微生物実習:微生物を取り扱う上で、必要な基本的技術の習得を目指します。確実な無菌操作が行うことができ、細菌類の指標となる大腸菌・黄色ブドウ球菌、真菌類として酵母やカビなど、その培養技術および同定手法の基礎知識を学びます。
微生物実習_03

■自然環境保全実習:緑地保全や自然再生の実例をもとに自然環境保全のあり方、取組みについて学んでいきます。都市近郊の農村地域での活動や取組みを実際に体験することで、都市での緑地保全や再生を考えるためのヒントを探っていきます。
自然環境保全実習02

続く・・・次回のブログは、2年次の5期の実習授業と2年生が取り組んでいるRJP(リアル・ジョブ・プロジェクト)についてご紹介します。