バイオテクノロジー科|専門学校の東京テクニカルカレッジ

専門課程:2年制 / 専門士

学科ブログ

RSS

PCR技術は、DNA配列の一部分を増幅できるバイオ実験の基盤技術です。現在、PCR技術は、生命科学研究用ツールとして広く用いられているばかりでなく、遺伝子診断、食品の評価など様々な分野で利用されています。 食品や食材からのPCR技術を用いてGM作物がもつDNA配列の検出を行いまし

続きを読む»

DNA解析を行うために微量のDNAを増やすPCR(Polymerase Chain Reaction)法は、DNAや遺伝子を取り扱うために広く用いられている技術です。PCR実習では、PCR技術を学ぶとともに、この技術の応用分野として「ヒトゲノムDNAを用いた解析」を行います。 ヒ

続きを読む»

カラムクロマトグラフィーは、分子をゲルの中を通すことで分離する技術でタンパク質の分離に広く使われている技術で、電気泳動と並びバイオ実験の基盤技術です。この技術を学ぶことで、タンパク質の分離に強くなります。また、高速液体クロマトグラフィー(High Performance Liqu

続きを読む»

電気泳動は、分子をゼリーのようなゲルの中を通すことで分離する技術でタンパク質、遺伝子の本態であるDNAの分析にも電気泳動は用います。ポリアクリルアミド 電気泳動は、バイオ実験のなかで最も広く使われている技術です。この技術を学べば、生体物質の解析に強くなります。 生化学実験の松井奈

続きを読む»

バイオ総合実習(卒業研究)の発表が終了し、バイオテクノロジー科2年生が、無事卒業いたしました。社会人としてスタートする人、編入学等でさらに勉学を続ける人、皆さんそれぞれの道に進んでいきます。   卒業式は、専門学校東京テクニカルカレッジ全学科合同で行われました。 卒業式終了後のス

続きを読む»

2年生は、第4期(10月末)~第5期(3月上旬)にかけてバイオ総合実習に取り組んできました。最後に成果の発表会が行われました。同実習は、いわゆる卒業研究に当たります。2年間の総まとめとして、各自のテーマで実験を行い成果を発表するとともに論文にまとめます。   バイオ総合

続きを読む»

第22回TTCバイオカフェは、「計算機による新しい生物学への招待-バイオインフォマティクスから見えてくる新しいバイオの世界-」と題して、石井一夫先生(東京農工大学特任教授(医学博士、技術士(生物工学)))をお招きし、2017年2月10日(金)に、 NPO法人くらしとバイオプラザ2

続きを読む»

第22回TTCバイオカフェは、生命科学、生物学で注目されているバイオインフォマティクスがテーマです。 テーマ:計算機による新しい生物学への招待-バイオインフォマティクスから見えてくる新しいバイオの世界- スピーカー:石井一夫先生(東京農工大学特任教授) 概要: ビッグデータや人工

続きを読む»

遺伝子工学、酵素学を専門とする松井奈美子講師の酵素学実験、バイオ基礎実験を覗いてみましょう。 松井講師 学生実験の様子 松井先生の教室は、学生の笑顔が絶えません。これは、2年生の酵素学実験の様子です。遺伝子組換え酵素タンパク質を電気泳動や免疫化学を用いて解析します。 細かいピペッ

続きを読む»

酵素は、体内での食物の消化、細胞の中の営みなど私たちが生きていくために必要不可欠な物質です。洗剤に入っている酵素も微生物が作った酵素を取り出したものです。酵素は、タンパク質でできていますが、多くのタンパク質は体の外に出すと不安定な物質です。この実験では、タンパク質である酵素の扱い

続きを読む»