撮影 東中野校舎11Fより

以下はとある暑い日、某部署でのやり取りである。
O部員は年齢不詳であるがR25以上であることは確か。
技術畑出身であるようなのだか、ちょっとずれている。

O部員  M部長、監督って聞くと僕は映画監督思い浮かべますけど…。
M部長  そうじゃない。建築の監督。
O部員  建築で監督…あ、現場監督ってやつですね。
     あのヘルメットかぶって作業服着て、職人さんたちと右往左往している。  
M部長 右往左往って…。そうじゃないんだけど。
O部員 右往左往ですよ。以前バイトでビルの建設現場で、コンクリをネコっていうんですか?
     あの一輪車で運ぶ仕事したことあるんですが、なんだか大騒ぎしていたような記憶しか
     ないんですけど…。 (ところでなぜネコって言うのかな?いまだにわからんにゃ〜)
   
     まあ、たしかに職人さんとは少し話ししたけど監督さんとは話さなかったな。
    っていうかだれが監督さんかそのとき分からなかったですよ。
    実際現場監督ってどんなことしてるんですか?
M部長 バイトには右往左往しているように見えたのかもしれないけれど、
    すごく重要なことをしている人。 
    そもそも建物を作るとき大事なのは何だと思う?
O部員 う〜ん、まずは設計図ですか? 
    料理を作るときも、何をどう作るか作り方のレシピがあるじゃないですか?
    でもその前に何が食べたいか?ということがあるから、まずは何を作りたいかという
    希望、要望!それと材料代!
M部長 そのとーり! 建築では施主というけど、まず作りたいなと思う人がいてその人   
    がお金を出してくれるから仕事ができる。
    で、まずその施主さんの希望を現実化するために計画を立てる。これすなわち設計。
O部員 設計図ですか。プラモとか機械部品の設計図は見たことがあるけど建築はないな。
    部品みたいな小さいものはイメージしやすいけど、この窓から見える新宿の高層ビルや
    レインボーブリッジみたいなでっかいものの設計図って、どうやって書くんですか? 
    学生のころ小型ボイラーの構成図面書いたことあるな。
    あと圧力容器とか。手が真っ黒になったですよ。
M部長 設計図書く前に構想図とデザインがある。いずれにしてもこの辺をやるのが建築家。
    アーキテクトという人たちだな。丹下健三とかライト、コルビジェとか名前はきいたこ
    とあるでしょう。あと安藤忠雄とか。
 
O部員  ええ、まあ(コルビジェ?知らんな〜)
M部長 アイデアやデザインのラフスケッチは手で書くけど、それ以降はコンピュータ
     (CAD)で書くんだ。だから手は…
O部員 それ知ってます。CGでしょう。攻殻機動隊やイノセンスみたいなアニメに出てくる
     メガロポリスとか街の絵。ブレードランナーはオプチカル合成だから雰囲気違うけど。
     そうか建築ってCGの世界だったのか!
M部長 違う違う!リアルの世界! デザインして設計図作ってその後どうするわけ?
     CGの中に住める?
O部員 住めません。 まあそれを元に実際につくる…。
M部長 そうでしょう。で建物が建つ。そして街が出来上がる。いくら設計しても実際に作って
     なんぼですよ。
O部員 では建築家が大事ということで…。 あれっ監督はでてこないな?
M部長 そうあわてなさんな。いくら建築家がすごい設計しても、前にも言ったようにそれを
     実際のものにしないと何にもならないでしょ。
     建築家が設計したことを現実のものとして造るのが建築監督の仕事。
     図面書くのも楽しいけど、実際に現物になって御覧なさい。それはすごいですよ。
     あんなでかいものが現実に出来上がる。それをやるのが建築監督の仕事なんだ。
O部員 建築家の巨大な夢を現実のものにするのが建築監督ということですね。
     私が作った小さなプラモなんか、部長にすぐ踏み潰されてしまいそうだけど、
     ビルは簡単には潰せないものな〜。マクロスとかエヴァンゲリオンならいけるか。
     帰ったら久々にゴジラのビデオ見ようかな〜。
M部長 壊すんじゃない、造るの!  ところで君いったいいくつ?
O部員 あっ時間ですから。お先に失礼しま〜す。
続く