先日の ActionScript入門の授業 (Flash) のあと、画像が小さなマスに分割してあってそのマスにマウスが載るとパラパラと表示されていくものを作れ、という課題が出ました。

先生のサンプルの動作だけを見て、考えながら作ってもらいました。

Nさんの作品を紹介します。(画像もNさん作)

四角い枠にマウスの矢印を載せてください。



(* 再生するには Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。)


授業で学んだコマ(フレーム)からコマ(フレーム)へのジャンプと、ボタンイベントという機能 (ボタンをクリックしたり、そこにマウスが載ったら何かが起こるようにする機能) を活用して作っています。

2期にやった 「パタパタと写真を表示する」 も同じような動きですが、ちがいは、「パタパタと写真を表示する」 のほうは勝手にパタパタと表示されていきますが、「画像パラパラ表示」のほうは、見ている人のマウスの動きに反応して表示される、という点です。

ActionScript というのを利用すると、Flashのアニメーションがインタラクティブに (ユーザーの操作に反応するように) なります!


■ 関連記事
→ 「ActionScript入門」 (2011年08月30日)
→ 「パタパタと写真を表示していく」 (2011年06月27日)