●当校インテリア科では、ただ単にインテリアを教科書から学ぶだけでなく、理解を深めさらなる好奇心を触発するために、実際にインテリアショップやショールーム、デザイナーズホテルなどに出掛け、デザインの現場で実践的に学ぶことに力を注いでいます。

●特に2年生の4〜6月にかけては、インテリアに用いるファブリックス(布)を中心とした素材の学習を、多くの企業での校外学習を交えながら実施してきました。また、これらの素材系の校外学習においては、単にショールームを見て、講義を受けるだけにとどまらず、ショールームを活用しながら自分のイメージを伝えるための課題にも取組んできました。

●学生ひとりひとりには、素材系の校外授業の共通課題として、「素材のコーディネートボード」を製作する課題が出されていました。様々な企業での校外授業を経ながら、自分が計画した住空間に合うサンプルを収集し、最終的に素材のコーディネートボードを作成していきます。

●今回は、一連の素材系の校外授業をとおして作成されたコーディネート作品の中から、数点を紹介します。

姃娟さんの作品
▲姃娟さんの作品
「エレガント・アンド・アンティーク」をコンセプトに、各室共通して大柄なドレープとレースの大胆な組み合わせが展開されています。またそうした共通した組み合わせとは別に、リビングはモスグリーン、ダイニングはクールなブルー、ベッドルームはトーンダウンしたバイオレットといったテーマカラーが各室に個性を与えており、統一感をもちながらも多様なコーディネートが展開されている点、とても好感をもちました。
プレゼンテーションボードにもアクセントとしてのクッションがあしらわれており、空間のイメージを膨らませながら、楽しみながらそして真剣にコーディネートと向き合ってくれたことが伝わってきます。


崇君の作品
▲崇君の作品
全体にとてもフェミニンな印象で最初女の子の作品かと思いましたが、崇君の作品でした。
淡いピンクとベージュの中に大柄なドレープがアクセントとしてあしらわれており、とても透明感のあるさわやかなコーディネートに好感をもちました。また、リビングのバラ柄のドレープがとてもクラッシックな印象を与えるのに対して、ベッドルームのドレープはコンテンポラリーな印象で、統一感という意味で少々違和感を持ちますが、逆にクラッシックとコンテンポラリーという両極のものを、色使いを統一させながら、よくぞ同じステージに登場させたという思いもします。クラシックでまとめるとか、コンテンポラリーでまとめるなどの手頃な調和は誰でも作れますが、こうした両極を同時に使うということはとてもクリエイティブで難しいことだと思います。考えてみると、現代の私たちは、クラシックもコンテンポラリーも等しく享受できる時代に生きているわけですから、その双方を楽しめる新しいインテリアの在り方があっていいように思います。崇君のコーディネートボードを見ながら、そんなことまで考えてしまいました。


校外学習で集めた  サンプルを用いて、

コーディネートボードを  創ろう!
▲校外学習で集めたサンプルを用いて、コーディネートボードを創ろう!


●どの校外学習においても、サンプリングのために使える時間は、わずかなものに過ぎませんでしたが、限られた時間の中、学生ひとりひとりがよりよいコーディネートを目指し懸命に思考を繰り返してくれました。

●今回の一連の校外学習を通じて、教科書で学んだ基本的な事項から最新のトレンドまで、実際のものを見ながら具体的に学ぶことができました。また、実物のサンプルを用いながら、具体的にコーディネートを考えることができたことは、コーディネートの難しさを知る上でも大きな収穫だったと思います。

●今回、素材をより深く理解するために我々が実施した校外授業は下記のとおりです。

 タチカワブラインド銀座ショールール   【ブラインド・スクリーン】    6月 7日(火)
リリカラー東京ショールーム        【クロス・カーテン】        6月13日(月)
 サンゲツ東京ショールーム         【カーテン・カーペット】     6月20日(月)
木材合板博物館               【木質材料】           6月22日(水)
マナ・トレーディング・ショールーム    【テキスタイル・クロス】    6月29日(水)
Αウッドワン新宿ショールーム        【木質材料】           7月 1日(金)

●最後になりましたが、我々の校外授業を快く受け入れていただき、かつ、学生の課題に対して貴重なサンプルを提供いただきました上記企業の皆さんにあらためて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。