村上春樹のスピーチは脱原発論者としての発言ということになると思う。
疑問に思ったところは、広島、長崎に原爆が投下されたことと、原子力発電とを同じレベルでとらえているところである。核兵器(戦争)と核エネルギーの平和利用という相反する原子力の使われ方を核という脅威のもとに語って良いものだろうか。
「広島にある原爆死没者慰霊碑に刻まれた「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませんから」素晴らしい言葉です。そこにはそういう意味がこめられています。核という圧倒的な力の前では、我々は誰しも被害者であり、また加害者でもあるのです。その力を引き出したという点においては、またその力の行使を防げなかったという点においては我々はすべて加害者でもあります。」(スピーチより)
ここで言われている「過ち」とは戦争のことを指していると思われるし、核エネルギーをなにか、神の領域にある特別なもの自然の神秘に属するものとして扱っていることに疑問をもたざるをえない。
核とはウランなどの自然物をエネルギーに転化したもので、石炭や石油などの自然物と同等であろう。
人類の歴史とは、科学の進歩とともにそのような自然物を加工して現在の生活に至っているのではないだろうか。
確かに福島第一発電所をみてもその終息は不明で、人間が制御できないものとして存在していることは否めないのだが。