●3月4日から3月12日の8泊9日で行われた今回の研修では、ドイツとフランスの2ヵ国を訪問し、ベルリンやパリなどの都市を中心に研修を実施しました。最初に訪れたベルリンでは、「ベルリン・フィルハーモニー」や「AEGタービン工場」、世界遺産でもある「モダニズム集合住宅群」などのモダニズム建築をはじめ、「ユダヤ博物館」、「連邦議会新議事堂」、「ソニーセンター」などの最新の建築まで幅広く見る事ができました。

●次に訪れたパリでは、「ノートルダム大聖堂」や「サヴォア邸」、「ポンピドゥー・センター」、「アラブ世界研究所」などの古今の建築物のみならず、ルーブル美術館の収蔵物やまちなみそのものを生きた教材として研修を実施しました。

●また、ベルリンからパリまでの交通手段を陸路とし、ベルリンからスイスのバーゼルまで寝台列車、バーゼルから同じくスイスのベルンをバスで移動しながらの全員研修、ベルンからフランスのソショーという街で一泊し、バスでパリへと向かいます。当初は2ヵ国という形で研修の予定を立てていましたが、ベルリンとパリの中継地点、スイスのバーゼル、ベルンにも魅力的な建築物が数多く点在しているので、ここでもバスで移動を行いながらの全体での研修を行うことが出来ました。

●ここからは、今回の研修に参加したインテリア科学生に、フランスのパリでのインテリア科学生の様子を報告してもらいます。

時間が惜しいので食事をしながら移動しました

ポンピドゥー・センター到着! ポンピドゥー・センター内部
▲(左)ポンピドゥー・センター正面。建物の前は広場になっていて、音楽を弾いたり、大道芸人がショーなどをしていました。
▲(右)ホンピドゥー・センター内部。大きな空間のわりに柱が細かったです。

ポンピドゥー・センターのエスカレーター♪ 最上階からの眺めは?
▲(左)ホンピドゥー・センター内のエスカレーター。
▲(右)ホンピドゥー・センター最上階からの眺め。ここから有名な建物が一望できます。

ポンピドゥー・センター(裏) ポンピドゥー・センター(裏)
▲裏の通り沿いからのホンピドゥー・センター。パリの町には全くあわない建物で、かなり威圧感がありました。

ノートルダム大聖堂 ノートルダム大聖堂前で記念撮影♪
▲ノートルダム大聖堂で記念撮影。

ノートルダム大聖堂内部 バラ窓のステンドグラス
▲(左)ノートルダム大聖堂内部。建物内は静かですが、迫力満点です。
▲(右)バラ窓のステンドグラス。外からの光でステンドガラスがとても綺麗に見えます。本物はこの写真より数段綺麗に見えました。

フライング・バットレス(飛び梁) バラ窓の外観
▲(左)学校の授業で勉強したフライング・バットレス(飛び梁)!想像以上に大きかったです。
▲(右)バラ窓の外観。建物内からの姿とはだいぶ印象が違います。

アラブ世界研究所 アラブ世界研究所内部
▲(左)アラブ世界研究所。日の光を調節する機械が窓一面に使われていて、すごく目立っていました。
▲(右)アラブ世界研究所内部。建物内はガラスと鉄に囲われた不思議な空間でした。

ルーブル美術館ガラスのピラミッド ルーブル美術館地下入口
▲(左)ルーブル美術館。映画「ダヴィンチコード」でも使われたとても有名な美術館です。
▲(右)ルーブル美術館エントランス。地下にこんなに広い空間があり驚きました。

ルーブル美術館展示作品
▲(左)両壁面に彫刻 (中)ミロのヴィーナス (右)サモトラケのニケ

ガルニエ宮 ガルニエ宮内部
▲(左)ガルニエ宮(オペラ・ガルニエ)の外観。
▲(右)ガルニエ宮(オペラ・ガルニエ)の内部。「キレイ!!」その一言に尽きます。皆さんにもぜひ見てもらいたいです。

凱旋門 凱旋門
▲凱旋門。やっぱりパリに来たらこれは見ないと!!

エッフェル塔 ルイヴィトン本店
▲(左)エッフェル塔。見た目は少し地味でした。
▲(右)ルイヴィトン本店。シャンゼリーゼ大通りにある本店一号店。


●パリには有名どころが多くあり、どこに行っても楽しかったです。特に凱旋門、エッフェル塔、ノートルダム大聖堂、ガルニエ宮には、皆さんもぜひ行ってみてください。どれもすごいのですが、一つ一つのスケール感や雰囲気が全然違います。エッフェル塔は、エレベーターでも登れますが、階段で登ったほうが楽しいです(少し大変だけれども・・・)。
今回の研修に参加して、日本とヨーロッパの文化の違いや建物の違いに触れ、多くのことを学ぶことが出来たと感じます。
機会があれば、次回はイタリアの文化や街並みについて事前に学習をし、訪れてみたいです。


●全6回に亘る2010年度_建築・インテリア海外研修学生レポートはいかがでしたでしょうか?今回研修に参加したメンバーは、建築物やインテリアを見るのにとても貪欲で、お土産や買い物そっちのけでヨーロッパの街を駆け巡っていたようです。社会に出てからはなかなか海外に行く機会が取れないということもあり、学生のうちに海外の文化や建築物に触れることは、建築・インテリアを学んでいるものとしてとても貴重な経験だと感じます。この経験がきっと社会に出てからのみんなの糧になることと思います。


〜2010年度_建築・インテリア海外研修_index〜
ドイツ(ベルリン)1日目
ドイツ(ベルリン)2日目
スイス(バーゼル/ベルン)
フランス郊外(ベルフォール/メッス)
フランス(パリ)1日目
■フランス(パリ)2日目〜now〜