●久しぶりにカテゴリー「一般」のブロックを書こうと思います。おそらく「ルーシー・リーの展覧会」以来だと思います。

●さて、去年の夏があんなに暑くなるとは思っていなかった去年の5月の末、夏の窓辺を涼しくしたいと思い、「睡蓮鉢」をつくることにしました。予算は5000円。近くのホームセンターで、睡蓮鉢を2980円、睡蓮の苗を1600円、ボウフラがわくといけないのでクロメダカを5匹300円、しめて4880円で買い込んできました(睡蓮を入れる植木鉢は家の残り物を使用)。そして、その日のうちに、睡蓮の苗を植木鉢に植え替え、睡蓮鉢に据え置き、水をはり、クロメダカを放流して、「睡蓮鉢」を完成させました。

●その後、暑い夏の間、睡蓮の花が咲くのを楽しみにしていたのですが、残念なことに待てども待てども睡蓮は咲きませんでした。

●そして、なんと、その睡蓮が1年経ったこの6月花芽をつけてくれて、先週見事に花を咲かせてくれました。花が咲いてこんなうれしく思ったのは久ぶりです。残念なことに、睡蓮の花は朝開いて夕刻には閉じてしまいます。花をゆっくり眺めるのは週末に限られてしまいますが、先週末ゆっくりと花を見ることができました。

睡蓮鉢全景

睡蓮の花

●来週には1年生の皆と「コンラッド東京」へ校外学習に出掛けますが、この週末には「コンラッド・バリ」にいる気分で、もう一度花に癒されたいと思います。

●震災の傷跡はまだ癒えてはいませんが、こうした涼のシーン、癒しのシーンを創ることも私達の仕事だと思います。また、ささやかなことでかまわないので、くらしを楽しむ気持ちを大切にしていきたいと睡蓮の花を見ながら感じました。