歴史と伝統ある「第34回学生設計優秀作品展」に今年も当校の「稲毛 まゆみ」さんが出品しました。「都市の波紋」がテーマで、プレゼンボードはA1サイズ 5枚、模型は1.2m×1.2m

◆東京テクニカルカレッジ 建築工学科(建築監督科の前身) 2011年卒 稲毛 まゆみ   
「都市の波紋」
建物用途:複合施設
敷地所在地:東京都渋谷区神宮前

レモン画翠が主催する学生設計優秀作品展(LEMON EXHIBITION OF STUDENTS’ WORKS)は、今回で34回目となり、参加校として、東京大学、京都大学をはじめ全国大学52校と大学院(修士)14校が参加する建築設計デザイン界において、新人の登竜門としての役割も果たしており、高い評価を得ている卒業作品展であります。

null

会 期:2011年5月3日(火)〜5月6日(金)
時 間:午前10:00〜午後7:00(最終日は午後4:00まで)入場料:無料
会 場:明治大学駿河台校舎「アカデミーコモン2F」(JR御茶ノ水駅徒歩5分)

null
「都市の波紋」  Designed by 稲毛まゆみ(Tokyo Technical College)

目まぐるしく変化する都市の営みを建物に反映することで、街並みに新たな風景を吹き込むことができるのではないかと考えたのが発想の原点で、原宿という空間の特性に合わせ、美術館、店舗、オフィス、住居という複合要素を設け、敷地周辺に点在している小規模の美術館、アトリエやギャラリーとともに、この美術館が賑わいの拠点として機能し、日常の風景が劇場の一場面に変化するような都市の生活のあり方の実現を試みた作品であります。