●3月4日から3月12日の8泊9日で行われた今回の研修では、ドイツとフランスの2ヵ国を訪問し、ベルリンやパリなどの都市を中心に研修を実施しました。最初に訪れたベルリンでは、「ベルリン・フィルハーモニー」や「AEGタービン工場」、世界遺産でもある「モダニズム集合住宅群」などのモダニズム建築をはじめ、「ユダヤ博物館」、「連邦議会新議事堂」、「ソニーセンター」などの最新の建築まで幅広く見る事ができました。

●次に訪れたパリでは、「ノートルダム大聖堂」や「サヴォア邸」、「ポンピドゥー・センター」、「アラブ世界研究所」などの古今の建築物のみならず、ルーブル美術館の収蔵物やまちなみそのものを生きた教材として研修を実施しました。

●また、ベルリンからパリまでの交通手段を陸路とし、ベルリンからスイスのバーゼルまで寝台列車、バーゼルから同じくスイスのベルンをバスで移動しながらの全員研修、ベルンからフランスのソショーという街で一泊し、バスでパリへと向かいます。当初は2ヵ国という形で研修の予定を立てていましたが、ベルリンとパリの中継地点、スイスのバーゼル、ベルンにも魅力的な建築物が数多く点在しているので、ここでもバスで移動を行いながらの全体での研修を行うことが出来ました。

●ここからは、今回の研修に参加したインテリア科学生に、フランス郊外でのインテリア科学生の様子を報告してもらいます。

〜昌平君の研修レポート〜
パリの初日は、午前中は全体での研修を行い、午後から各班に分かれて班ごとの研修を行いました。

サヴォア邸 ピロティ
▲(左)ル・コルビュジェによる作品のサヴォア邸。学校では、コルビュジェの提唱した「近代建築の5原則(自由な平面、自由な立面、屋上庭園、ピロティ、水平連続窓)」を勉強しました。直線的でイメージ通りの建物でした。
▲(右)サヴォア邸のピロティ。

屋上庭園 LCシリーズ
▲(左)屋上庭園から写真を撮っているところを撮られてしまいました。
▲(右)サヴォア邸内には、コルビュジェがデザインしたLCシリーズの椅子が置かれていました。

インテリア科集合写真
▲サヴォア邸前でインテリア科全員の集合写真を撮りました。

ブラジルの学生会館 日本の学生会館
▲(左)サヴォア邸の後に今度は、学生会館にて研修を行いました。写真はブラジルの学生会館、ブラジルの国旗のカラーが使われています。この建物もコルビュジェの作品になります。
▲(右)日本の学生会館。この敷地内には、いろいろな国の学生会館があります。

学生会館にて 学生会館にて
▲1、2年生で仲良くふざけました。敷地内の学生会館を見学しました。

エッフェル塔にて集合写真
▲エッフェル塔前で記念撮影。曇り空だったのが残念。

午後は、研修班ごとでの研修を行いました。

ノートルダム寺院 ノートルダム寺院
▲ノートルダム寺院。近くに行くにつれ迫力が増していきました。

パリの街並み パリの街並み
▲パリ市内。とにかく街並みがきれいでした!

パンテオン パンテオン
▲パンテオン。きれいな街並みから突然出てきてびっくりしました。

アラブ世界研究所 アラブ世界研究所のパネル
▲アラブ世界研究所。同じ形のシャッターは見当たりませんでした。

セーヌ川 セーヌ川
▲パリ市内に流れるセーヌ川。日本ではまず見れないと思うほど川が街に合っていました。


●言葉が通じなかったり、電車がわからなかったり、先生に注意したほうがいいと言われていた人たちに声をかけられたりと、大変なことも多かったです。しかし、綺麗な街並みや特徴的な建物も多く、また1、2年生の仲がとてもよかったということもあり、そうしたことに対してもうまく対応出来たと思います。写真を見るだけではわからないスケール感などを感じ、実物を見ることの大切さを実感しました。
自分の感性が磨くことができ、とても良い研修になったと思います。

●次回は、研修の最終日の様子をお送りしたいと思います。


〜2010年度_建築・インテリア海外研修_index〜
ドイツ(ベルリン)1日目
ドイツ(ベルリン)2日目
スイス(バーゼル/ベルン)
フランス郊外(ベルフォール/メッス)
■フランス(パリ)1日目〜now〜
フランス(パリ)2日目