当校では多くの留学生が日本の学生と共に学んでいます。
建築科でも毎年留学生が日本の建築について真剣に学んでいます。これまで私が担当した留学生には、大韓民国、中華人民共和国、インドネシア共和国、スリランカ民主社会主義共和国、ベナン共和国からの留学生がいましたが、今年は、ブラジル連邦共和国からの留学生もいます。難しい建築の専門用語に苦労しながらも、日々粘り強く学んでいます。2年間という短い時間で日本の建築と技術について学んだ留学生は、日本の企業へ就職したり、あるいは大学に編入学をして建築の勉強を続ける方もいます。
今回は建築関連の法令集(漢字のみならず表現も難しい建築関連の法律の本です)を必死で読んでいる留学生の姿をご報告させていただきます。なれない建築の専門用語、なれない漢字を必死に理解しようとしている留学生の姿を、国のご家族にも是非見ていただきたいと思い取り上げました。
次回は、日本の学生と共に授業に臨む姿をご報告たいと思います。
null