●3月4日から3月12日の8泊9日で行われた今回の研修では、ドイツとフランスの2ヵ国を訪問し、ベルリンやパリなどの都市を中心に研修を実施しました。最初に訪れたベルリンでは、「ベルリン・フィルハーモニー」や「AEGタービン工場」、世界遺産でもある「モダニズム集合住宅群」などのモダニズム建築をはじめ、「ユダヤ博物館」、「連邦議会新議事堂」、「ソニーセンター」などの最新の建築まで幅広く見る事ができました。

●次に訪れたパリでは、「ノートルダム大聖堂」や「サヴォア邸」、「ポンピドゥー・センター」、「アラブ世界研究所」などの古今の建築物のみならず、ルーブル美術館の収蔵物やまちなみそのものを生きた教材として研修を実施しました。

●また、ベルリンからパリまでの交通手段を陸路とし、ベルリンからスイスのバーゼルまで寝台列車、バーゼルから同じくスイスのベルンをバスで移動しながらの全員研修、ベルンからフランスのソショーという街で一泊し、バスでパリへと向かいます。当初は2ヵ国という形で研修の予定を立てていましたが、ベルリンとパリの中継地点、スイスのバーゼル、ベルンにも魅力的な建築物が数多く点在しているので、ここでもバスで移動を行いながらの全体での研修を行うことが出来ました。

●ここからは、今回の研修に参加したインテリア科学生に、フランス郊外でのインテリア科学生の様子を報告してもらいます。

〜菜摘さんの研修レポート〜
研修5日目は、朝からのロンシャンの礼拝堂で研修を行い、その後、高速のサービスエリアで昼食、そして、フランスのメッスへ昨年5月に開館したばかりのポンピドゥー・センター別館へ行ってきました。

田舎ののどかな風景 !遠くのほうに・・・
▲(左)ロンシャンまでバスで移動しました。フランスの田舎ののどかな風景が広がります。
▲(右)遠くにロンシャンの礼拝堂が見えてきました。

ロンシャンの礼拝堂に到着 礼拝堂についての解説
▲(左)目的地に到着。前方にロンシャンの礼拝堂が見えます。
▲(右)まずは、ロンシャンの礼拝堂についてガイドの方に説明をしていただきました。左手に見える建物は、この地へ巡礼に来た方たちの宿泊する修道所です。

ロンシャンの礼拝堂 ロンシャンの礼拝堂
 ▲ロンシャンの礼拝堂は、ル・コルビュジェの手掛けた初めての宗教建築です。残念ながら中での写真撮影は出来なかったのですが、南面の壁に穿たれた小さな開口部には、さまざまな原色ステンドグラスが奥深く嵌め込まれていて、そこから差し込む日の光が礼拝堂の内部をとても神秘的な空間にしていました。授業で勉強した建物を実際に見ることが出来てとても感動しました。

集合写真
▲ロンシャンの礼拝堂前にて集合写真。

ロンシャンの礼拝堂での研修後、今度は高速道路を使ってフランスのメッスへ向かいました。

高速のSAで昼食 高速のSAで昼食
▲昼食は高速道路のサービスエリアでとりました。海外の高速道路のサービスエリアで食事ととることも、普段では経験することの出来ない貴重な経験です。

メッスの大聖堂 メッスの大聖堂
▲3時間ほど掛けてメッスに到着♪まずは、メッスの大聖堂で研修を行いました。

メッスの大聖堂内部 ステンドグラス
▲内部は静かな広い空間が広がっています。ステンドグラスがとてもきれいで印象的でした。

街で見かけた遊園地 オシャレなテラス
▲(左)メッスの大聖堂から徒歩でポンピドゥー・センター別館へ向かいました。途中街の中で見かけた遊園地です。
▲(右)オシャレなアール・ヌーボー様式のテラスなども見ることが出来ました。


ポンピドゥー・センター別館 屋根の構造体
▲(左)ポンピドゥー・センター別館に到着しました。このポンピドゥー・センター別館は、日本人建築家の坂茂氏の設計です。外観から大きなピクチャーウィンドウを見ることが出来ます。中からの景色が楽しみです。
▲(左)6本の梁を組み合わせた六角形の屋根は、建築界で画期的な規範となる概念です。

メッスの街並みを一望 メッスの大聖堂が大きく!!!
▲(左)ピクチャーウィンドウからメッスの街並みが一望できます
▲(右)???景色を見ながら後ろに下がっていくと、メッスの大聖堂が窓いっぱいに広がります!!!

集合写真
▲ポンピドゥー・センター別館前にて集合写真。

夕日 高速のSAで夕食
▲(左)パリに向かうバスの中からの夕日。
▲(右)夕飯も高速道路のサービスエリアのレストランで、バイキング方式の食事を食べました。

ホテルの入り口のアーケード ホテルの看板にも明かりが灯っています
▲ホテル入り口のアーケード。ホテルに着いた頃にはすでに外は暗くなっており、ホテルにも明かりが灯っていて綺麗でした。

●今回の海外研修で初めて外国へ行き、一年生の頃から授業で習ってきた建物などを見て、写真だけでは想像できなかったものを感じられ、実際に建物を見たときに感じたスケールの大きさや建物の中など、資料からは読み取れない様々な魅力を感じることができました。他国の文化に触れることができ、なによりも皆で研修に行くことができ本当に楽しかったです。この9日間とても良い思い出になりました。

●次回は、研修の最終目的地パリからの報告をお送りしたいと思います。


〜2010年度_建築・インテリア海外研修_index〜
ドイツ(ベルリン)1日目
ドイツ(ベルリン)2日目
スイス(バーゼル/ベルン)
■フランス郊外(ベルフォール/メッス)〜now〜
フランス(パリ)1日目
フランス(パリ)2日目