●卒業制作には、学生を頑張らせる不思議な力があります。アルバイトや仕事をしながらの課題制作ですから、学校の授業だけで完成させようと思えば完成させることもできます。けれども、完成度を目指した学生最後のこだわりで、仕事が忙しかろうがなかろうが、ほとんどの学生が休日を返上して卒業制作に取り組むのです。

●そして、これもまた夜間の「お約束」なのですが、仕事が忙しい学生ほど時間を無駄にせず効率よく取り組むためか、資格試験でも卒業制作でも成果を出してくれるのです。

●今年の卒業制作「長期滞在型住居、作業場を備えたアートギャラリー」の最優秀作品賞は、市民アートの活性化を表現したケンジ君の作品でした。

null null
▲長期滞在型住居、作業場を備えたアートギャラリー

null null

null null
▲卒業制作をプレゼンテーションするケンジ君

●限りある時間の中で、卒業制作に思う存分力を出し切ったケンジ君をはじめ卒業生の皆さんには、教える教員が逆にパワーを頂きました。ここで改めてお疲れ様でしたということと、新たな道を歩み始めた皆さんに、頑張って下さいということをお伝えできればと思います。