先日(5月7日)、自然遺産として東京都の「小笠原諸島」が、文化遺産として岩手県の「平泉」がそれぞれ国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の諮問機関より世界遺産登録の勧告を受けました。正式決定は6月19〜29日にパリのユネスコ本部で開かれる世界遺産委員会で決定される見通しのようです。

「小笠原諸島」が正式に自然遺産に登録されると、国内では白神山地(青森・秋田)、屋久島(鹿児島)、知床(北海道)に続き4件目となります。

当科では、小笠原環境研修として今年3月に現地で様々な体験実習を実施し、小笠原村観光協会より「小笠原エコ大使特別認定証」が授与され、今後より一層、「小笠原エコ大使」として小笠原村に協力していきたいと思います。

null null