●3月4日から3月12日の8泊9日で行われた今回の研修では、ドイツとフランスの2ヵ国を訪問し、ベルリンやパリなどの都市を中心に研修を実施しました。最初に訪れたベルリンでは、「ベルリン・フィルハーモニー」や「AEGタービン工場」、世界遺産でもある「モダニズム集合住宅群」などのモダニズム建築をはじめ、「ユダヤ博物館」、「連邦議会新議事堂」、「ソニーセンター」などの最新の建築まで幅広く見る事ができました。

●次に訪れたパリでは、「ノートルダム大聖堂」や「サヴォア邸」、「ポンピドゥー・センター」、「アラブ世界研究所」などの古今の建築物のみならず、ルーブル美術館の収蔵物やまちなみそのものを生きた教材として研修を実施しました。

●また、ベルリンからパリまでの交通手段を陸路とし、ベルリンからスイスのバーゼルまで寝台列車、バーゼルから同じくスイスのベルンをバスで移動しながらの全員研修、ベルンからフランスのソショーという街で一泊し、バスでパリへと向かいます。当初は2ヵ国という形で研修の予定を立てていましたが、ベルリンとパリの中継地点、スイスのバーゼル、ベルンにも魅力的な建築物が数多く点在しているので、ここでもバスで移動を行いながらの全体での研修を行うことが出来ました。

●ここからは、今回の研修に参加したインテリア科学生に、ドイツのベルリンでのインテリア科学生の様子を報告してもらいます。

〜駿介君の研修レポート〜
ベルリン2日目の行動予定は、新ナショナル・ギャラリー、ソニー・センター、ユダヤ博物館、ベルリンのフィルハーモニー、ベルリン大聖堂、そして夜行列車でスイスへ向かいました。

新ナショナル・ギャラリー ソニー・センター
▲(左)新ナショナル・ギャラリー 卒業設計を終えたばかりの先輩たちです! お疲れ様でした。
▲(右)ソニー・センター

ユダヤ博物館 ユダヤ博物館ザクロの木
▲(左)ユダヤ博物館
▲(右)ユダヤ博物館館内

●迷路のように入り組んでいて全部見るのが大変でした。模型や資料、他にも願い事を書くザクロの木などがあり見所がたくさんありました。特に、事前研修で見たユダヤ人の顔の掘られた道が見られたので良かったです。しかし、実際に足を踏み入れることが出来ず、上からの景色しか見られなかったのが残念でした。

フィルハーモニー フィルハーモニーリハーサル風景
▲(左)フィルハーモニー
▲(右)フィルハーモニー リハーサル風景

ベルリン大聖堂 蚤の市
▲(左)ベルリン大聖堂
▲(右)ベルリン大聖堂前の川沿いで開かれている「蚤の市」。

バウハウス・アーカイブ
▲ベルリン初日に訪れたバウハウス・アーカイブ♪ 学校の授業で勉強したバウハウスの歴史、家具を見ることが出来ました。写真撮影ができなかったのが残念 _| ̄|○

●最近建築された建物では、夜ライトアップされるソニーセンターの吹き抜け部分の富士山の形の屋根や新ナショナル・ギャラリーの全面ガラス張りの壁面。100年前に建て替えられたベルリン大聖堂などでは、コリント様式の柱や、室内にいろいろな装飾が施されていて、日本にはない新旧の装飾の文化に触れることが出来て感動しました。


●次回は、寝台列車にて寝ている間に国境を越えた先、スイスのバーゼルとベルンのレポートをお届けします。
楽しみにお待ちください!


〜2010年度_建築・インテリア海外研修_index〜
ドイツ(ベルリン)1日目
■ドイツ(ベルリン)2日目〜now〜
スイス(バーゼル/ベルン)
フランス郊外(ベルフォール/メッス)
フランス(パリ)1日目
フランス(パリ)2日目