●3月4日から3月12日の8泊9日で行われた今回の研修では、ドイツとフランスの2ヵ国を訪問し、ベルリンやパリなどの都市を中心に研修を実施しました。最初に訪れたベルリンでは、「ベルリン・フィルハーモニー」や「AEGタービン工場」、世界遺産でもある「モダニズム集合住宅群」などのモダニズム建築をはじめ、「ユダヤ博物館」、「連邦議会新議事堂」、「ソニーセンター」などの最新の建築まで幅広く見る事ができました。

●次に訪れたパリでは、「ノートルダム大聖堂」や「サヴォア邸」、「ポンピドゥー・センター」、「アラブ世界研究所」などの古今の建築物のみならず、ルーブル美術館の収蔵物やまちなみそのものを生きた教材として研修を実施しました。

●また、ベルリンからパリまでの交通手段を陸路とし、ベルリンからスイスのバーゼルまで寝台列車、バーゼルから同じくスイスのベルンをバスで移動しながらの全員研修、ベルンからフランスのソショーという街で一泊し、バスでパリへと向かいます。当初は2ヵ国という形で研修の予定を立てていましたが、ベルリンとパリの中継地点、スイスのバーゼル、ベルンにも魅力的な建築物が数多く点在しているので、ここでもバスで移動を行いながらの全体での研修を行うことが出来ました。

●ここからは、今回の研修に参加したインテリア科学生に、ドイツのベルリンでのインテリア科学生の様子を報告してもらいます。


〜雄太君の研修レポート〜

ベルリンのホテル ベルリンのホテル
▲日本から約13時間掛けてベルリンに着き、宿泊したスカンディックベルリンポツダマープランツホテルの宿泊室の写真です。落ち着いた色彩でコーディネートされたお洒落な部屋でした。

●ベルリン研修初日は、午前中にバス移動でブリッツの馬蹄形集合住宅、ユニテ・ダビダシオン(タイプベルリン)、AEGタービン工場、ドイツ連邦議会議事堂、ブランデンブルク門、ホロコースト記念碑、ペルガモン博物館、バウハウスアーカイブを回って午前は解散しました。
ブリッツの馬蹄形集合住宅 ブリッツの馬蹄形集合住宅
▲ブリッツの馬蹄形集合住宅 (左)外観 (右)中庭から

ユニテ・ダビダシオン ル・コルビュジェのモデュロール
▲(左)ユニテ・ダビダシオン(タイプベルリン)
▲(右)ル・コルビュジェのモデュロール みんなではまりました♪

AEGタービン工場 ドイツ連邦議会議事堂
▲(左)AEGタービン工場
▲(右)ドイツ連邦議会議事堂

ブランデンブルク門 ホロコースト記念碑
▲(左)ブランデンブルク門 みんなで記念写真を撮りました。
▲(右)ホロコースト記念碑 大小2700もの記念碑があります。

●午後からは、各自班行動で蚤の市、イーストサイド・ギャラリー、ギャラリー・ラファイエット(ベルリン支店)を見て回りました。
イーストサイド・ギャラリー イーストサイド・ギャラリー
▲イーストサイド・ギャラリー

ギャラリー・ラファイエット ギャラリー・ラファイエット
▲ジャン・ヌーヴェルによって設計されたベルリンのギャラリー・ラファイエット

●ドイツではギャラリー・ラファイエットが印象に残りました。ガラスで構成の吹き抜けを見て、自分が思っていたガラスの概念が覆りました。今回の海外研修で日本とは全く違ったヨーロッパの文化を直接、肌で感じられて良い経験になりました。最初は不安でいっぱいでしたが、毎日が新しい発見でとても充実した研修でした。


〜2010年度_建築・インテリア海外研修_index〜
■ドイツ(ベルリン)1日目〜now〜
ドイツ(ベルリン)2日目
スイス(バーゼル/ベルン)
フランス郊外(ベルフォール/メッス)
フランス(パリ)1日目
フランス(パリ)2日目