2月9日 13:30-16:40
10・11回の事前研修が始まりました!


●今回の事前研修では、これまでの事前研修で各班に決めて頂いた、ベルリン・パリの研修ルート上の建築物、あるいは訪問先で見る家具などについてのプレゼンテーションを行って頂きました。各班の中で、研修で訪れる建築物などを分担し、各人1都市1つの建築物(家具)の研究をするので、事前に一人2枚の研究資料をパワーポイントにまとめて頂きました。この時期は、履修判定試験の勉強や卒業設計の作成など盛りだくさんのイベントがあり、研究時間もなかなか取ることが出来なかったと思いますが、全員が期日までには研究資料を持ち寄り、プレゼンテーションを行いました。発表を聞くことによって、今回は残念ながら訪問することの出来ない建築物なども知ることが出来ます。研修の道すがら、ふと現れた建築物なども、他の班の研修先かもしれませんし、他の班の研究を聞くことによって、何も知識のないまま建築物を見るより、少しでも情報があるほうがはるかに有意義な研修を行えることと思います。

プレゼン風景

●今回の研修の中盤では、研修に同行してくださる添乗員の方から、「化粧品や液体類の準備の仕方」、「機内に持ち込めない物」など、持ち物の諸注意や、研修中に守ってもらいたい約束事「研修中は必ず時間を守る」、「一人での勝手な行動は避ける」「現地でのスリなどに気を付ける」など、お話をして頂きました。研修出発まで残り数日となり、楽しい浮かれたムードのまま研修に向かってしまうと、現地で思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。楽しく有意義な研修を行う為にも、ここで一度一人一人に緊張感を持って研修に臨むよう気持ちを誘導するありがたいお話でした。

研修時の注意 はい!わかりました。
▲(左)添乗員の方からの研修中の注意!!!
▲(右)とても不安そうな顔で添乗員の方のお話を聞く菜摘さん。しっかりと注意事項・約束事はわかりましたか?

●後半は、今回の研修の中継地点スイス(バーゼル・ベルン)で使用されている通貨、気候などの基本情報、全体研修での訪問先の講義を行いました。

スイスの基本情報 訪問する場所の確認
▲(左)スイスの基本情報の確認。
▲(右)スイス(バーゼル・ベルン)で訪問する場所の確認を行いました。

スイスの行程
ベルリン → バーゼル → ベルン → ソショー→ ベルフォール → メッス → パリ
スイスの行程

バーゼル
バーゼル
▲シグナルボックス、バーゼル中央駅、国際決済銀行、ヴィトラ美術館、バイエラー財団

ベルン
ベルン
▲ベルン旧市街(世界遺産)、パウルクレー美術館、ウェストサイドベルン・ベルン

カルテ実施 カルテ実施
▲カルテを実施し、スイスでの研修に備えます。スイスでの研修もこれでバッチリです♪

次回の事前研修は、いよいよ出発2日前、出発式になります。
研修に向けて最終確認を行います。

<関連記事一覧>
第1回:事前ガイダンス
第2・3回:事前研修〜旅行の知識編〜
第4・5回:事前研修〜ベルリン編〜
第6・7回:事前研修〜パリ編〜
第8・9回:事前研修〜ベルリンの知識編(外部講師)〜
第10・11回:事前研修〜プレゼン・スイス編〜(Now)