2010年度の卒業式が近づいています。

2011年3月卒業の現2年生は、おかげさまで就職希望者がほぼ100%就職を決めました。
今年も昨年度に引き続き苦戦しましたが、就職すべき学生のすべてが就職を決められてホッとしている今日この頃です。

そして、ホッとしたのもつかの間、!次の2012年3月に卒業する現1年生の就職活動が本格化してきました。


今日は、そんな現1年生の就職にまつわるお話です。

null

嵐の前の静けさ。。。


さて、今日は何の日かというと、タイトルに答えが書いてありますが、東京テクニカルカレッジの『合同企業説明会』の日なんです。
合同企業説明会とは、小山学園東京テクニカルカレッジの全学生を対象に、『建築・インテリア系』『バイオ・環境系』『情報・ゲーム系』の関連企業さんが、東京テクニカルカレッジの学生のために学校に集まっていただき、会社説明会を行うイベントです。

null


このイベントは、東京テクニカルカレッジ以外の学生は参加しないため、他の会場イベント系の合同企業説明会に比べて、自己PRがしやすい就職サポートイベントとなっています。毎年、全学生が就職活動に向けての第一歩となるイベントとして開催されています。

さて、そのイベントに向けて建築科の学生は、、、。

null

企業説明会に参加する前に、担任の野上先生の指導の下、企業説明会に際しての心構えを受けて、説明会の参加票を記入して準備しています。
参加票の記入をしながら内心緊張しているのかもしれませんね。

さて、会場前の様子というと、自分が説明を受ける企業さんのブースの位置確認を行い、開催場所を間違えないように入念にチェックをしているのが見られます。いつもの授業でもこれくらい入念に準備して欲しいものです。
入場前には余裕も見られますが、実際会場に入場したらどうなることやら。

さて、会社説明会が開始されました。
場内の様子は・・・。

null


学園祭などでも使用されたホールは、一変して就職ガイダンス会場に早変わり!
いつもはリラックスして使用しているホールも緊張感漂うホールとなっています。
緊張の面持ちで席について説明を受けます。

さすがに、緊張感漂う会場ではみんな真剣な顔つきで説明を受けています。
もしかしたら、来年の4月からは、今説明を受けている企業さんにお世話になるかもしれないのだから当たり前です。
この中のだれが就職内定第1号をするのか、今から楽しみです。

あ、一回目の説明会が終了したようです。

null


どうだったんでしょうか。
みんな人それぞれ表情が違います。でも、一番緊張する一回目が終了したので、心なしか安堵の表情も見られます。

と思ったのもつかの間、すぐに第2回目の説明会が開始です。
今日1日で、一人6回の説明を受けることになります。

みんな就職内定をいただけるようにかんばっています。

null


説明会の終了した学生の顔はみんな晴れやかです。
就職活動をしていく自信がついたのでしょうか。

今後が楽しみです。