●インテリア科では、I.I.I.(インテリア・インターンシップ・インコーポレーション)に参加し、春休みと夏休みの年2回、インテリア関連企業に学生を短期派遣する企業研修を実施しています。

●この春休みにも、インテリア関連企業での研修を行いました。今回は、ブラインドやロールスクリーンで有名な立川ブラインド工業(株)(http://www.blind.co.jp/)の銀座ショールームで5日間の研修を行った飯島綾さんのレポートを紹介します。彼女がどのような研修を行い、研修をとおして何を感じ、何を学び取ってきたのか、紹介していきたいと思います。


■ インテリア科1年 飯島綾 
   研修先 :立川ブラインド工業(株)銀座ショールーム 
   研修期間:3月11日(火)〜3月15日(土)


『 私は3月11日から15日までの5日間、立川ブラインド工業(株)の銀座ショールームで、企業研修をさせて頂きました。
 研修初日は緊張のなか朝礼に参加し、掃除のお手伝いをしました。丁寧にフロアや諸品の説明をしていただきました。その後、展示商品のイメージにあったプレゼンテーションパネルを、イラストレーターでアドバイスをいただきながら作成しました。緊張のため1日があっという間に過ぎていきました。
 4日目にはプレゼンテーションパネルを完成させ、設置させていただきました。たくさんの方の目に触れる場所に設置していただき充実感でいっぱいでした。

 商品説明パネル
 ▲飯島さんが、Illustratorで作成した「PELRE」の製品説明パネル。
  1年生で学習したことが、実務の現場で活かされたことは、きっと大きな喜びだったでしょうね。


 また、受付業務の体験をさせていただきました。受付の席に座った時は背筋がしゃんとする思いでした。その他に、お茶出しやサンプル提供のお手伝いをさせていただきました。昼休みには、色々なお話を聞くことができ楽しく過ごすことができました。
 インターネットの普及に伴い、お客様の知識も高まり要望に答えていくことの難しさを感じました。商品説明するためには知識だけでなく、お客様とのコミュニケーションも大切なのだと思いました。

商品ラベルの作成 商品ラベルの取付け
▲飯島さんが作成した商品ラベル。       ▲ラベルはカットされ、各製品に取り付けられました。
                             (ロールスクリーン・サンプルの下側に注目)


 この研修を通して社会の働くことの意味やマナーを学ぶことができました。学校では学べない現場の雰囲気を感じ、たいへん貴重な体験をすることができました。忙しい時期にも関わらず研修を受け入れ、ご指導して下さった立川ブラインドの皆様、このような機会を与えて下さった先生方、本当にありがとうございました。
 この貴重な体験を今後の学生生活や就職活動にも活かしていきたいと思います。      以上 』


●飯島さんのレポートいかがでしたか。
研修中、飯島さんから毎夕メールが届きました。そのメールは、一日の研修を無事やり終えた安堵感と研修で体験した新鮮な感動に満ちていました。メールを読むたびに、本当に現場で学ぶことは強いなと感じました。きっと、この体験の中から多くを学び、今後に活かしてくれることと思います。

●年度末のお忙しい時期にもかかわらず、何もわからない1年生を根気よく指導していただいた立川ブラインド工業(株)銀座ショールームのスタッフの皆様に心より感謝申し上げます。