頑張れ卒業生
 7月6日(日)の二級建築士の学科試験日。試験までもう数日しかありません。日曜の模試の結果を見ましたが、やや不満足な点数のひとが数名おりました。試験では、120%ぐらいの力が出ますので最後まで1問1枝まで気を抜かないことです。特に、施工や構造の細かい数字をチェックしてください。また、専門用語の意味と内容を確認してください。結果的には、殆どの問題が3択ぐらいに絞れるはずです。いつもの試験対策のように1問1枝確認してください。○、×、△(わからない)を確りマークすること。過去門をやりすぎている人は問題の読み飛ばしには気をつけてください。問題の読み飛ばしは過去の先輩方が多く泣いています。明日までは全力でがんばること。試験会場は以外に広い敷地にある場合があるので、土曜日に試験場を身に軽い散歩をするのも良いでしょう。そして、午前中の試験の合否の分かれ目は、如何に計画と法規の時間の配分です。法規は時間が掛かりますよね。つまり、試験開始で、何時何分に計画を終えるべきかの時間をチェックしておいて下さい。

都庁

合格したら都民の人は都庁に登録にいってください。君たちにとって新た勲章が付けられます。登録場しょは左側の低いほうの建物です。

 また、携帯電話の電源を切って渡される袋に入れてください。携帯電話に関しては規則が厳しく厳守しないと退場を命ぜられることもあります。
 勉強していていらいらしたら、手を動かして暗記事項を紙に何度も書いてください。土曜日は眠くなったら寝てください。土曜のポイントは、早く起きること、そして早く寝ることです。日曜は、どこぞの資格会社でくれるパンフレットなどをもらって読むのも気休めになるかもしれません。
 とにかく午前中の試験は、最後の最後まで確認してください。当然、午後もですがねぇ。
アリャーと思ったら、皆もアリャーと思っている。
 全力を尽くせば、気もすっきりします。すっきりさせることが大事です。
 皆さん頑張ってください。
以上タダチャンカラノアドバイスです。
あと、12月の合格発表には夜間の同窓会をやりましょうね。