6月30日に東中野調査の中間発表を行ないました!

これは、2年生の授業の一環で東中野界隈を歩いて調査し、東中野の歴史や現状をはじめ今後の東中野の発展などを考えていく、地域密着型のプログラムです。
先日東中野探訪という記事で調査の風景をご紹介していますが、その後地道に調査し続けた。この1ヶ月半の結果をまとめてみました。

発表前の風景
発表は、班毎に行ないます。
直前まで打合せを行い、やる気満々です♪

部屋を暗くするので、写真が・・・・
1枚のボードにまとめ、プロジェクターで投影しながら
各班の担当範囲について、調査結果はもちろん、考察や提案なども飛び出しました!


班毎で調査項目が違うから、分からない所はドンドン質問
発表者も真剣なら、聞くほうも真剣です。
学生からも質問が飛び出たり、意見の言いあいなどもありました。


おかしな所は、私たちが厳しくチェックします!
先生方の鋭い突っ込みに、たじたじになる学生も居れば、
あっと驚く切り返しをしてくる学生も♪

東京都の・・・とか、国の指針では・・・などなど♪
歩いた調査結果だけではなく、国の指針や中野区の取り組みなど
本当に多くの調査結果が集まりました。

ここの表現は、こっちの方が・・・・!
思わず、先生がもっと良くなるようにと飛び入りのアドバイスなども♪


普段厳しい科長からお褒めの言葉も♪
各班の発表が終わった後で、科長をはじめ担当教員からのコメントや
今後の調査指針などの話しがあり、夏休み以降の取り組みを確認できました。


最終的には、学園祭までにはしっかりしたまとめをしていく予定ですが
現状でもかなりのボリューム!

まとまりきったときには、相当の調査資料になること、間違い無しです!
今のところの中間データは学校のオープンキャンパス(見学会)などに来たときにぜひ見てください!!


また、詳しい記事は夏休みにご報告いたします!


まだまだ、レベルアップします!お楽しみに♪
履修判定試験に追われながら
取り急ぎご報告まで・・・。