O部員今日はせっせと、机の周りを片付けています。
もう終業時間が過ぎているのですが、いつになく熱心・・。 帰る気配もありません。
そこへ午前中からの長い会議でへとへとになったM部長がもどってきました。

M部長:お、まだいたのか。  
O部員:あ、部長お疲れ様でした。 ずいぶん長かったですね。
M部長:あ〜疲れた、疲れた。 仕方ないことだけど何とかならんかな〜。
     あ〜あ、問題山積。 受注は平積み・・。 景気は底なし・・・。
     物から人へというけれど、やっぱり物をつくって動かさないと日本はやってけないよ。
     まあ結構無駄なものを作ってはいると思うがね。
      「必要な無駄」ってのもあっても良いような気がするよ。
     とはいえ、わが社も事業仕分けせにゃならんな〜。
null
O部員:えっ、蓮舫さんくるんですか?


M部長:来るわけ無いだろう。 それにだな、もし来たら君が最初に仕分けされるぞ!
O部員:(仕分け=必要と不要。僕は変人と皆がいう=変人=変っている≒誰にも無い力がある≒ 
     会社に必要だ≒会社をショって立つ≒稼ぎ頭≒給料アップ≒偉くなる≒末は社長か会長か むふふ)
M部長:何ニヤニヤしてるんだ!
     最初に仕分けで費用対効果が悪いので首!となる可能性があるってことだよ。
O部員:それは困ります!
M部長:だろう。 だからそうならないように頑張ってくれよ。
     ところで、なんだか机の周りが雑然としているが・・。
O部員:今片付けているところなんです。
     先週清水建設さんみえましたよね。そのときのお話がとても印象に残っていて・・・それで。
M部長:ああ清水建設さんの新本社ビル、超環境型オフィスビルの話しね。
     外装パネルに、構造体と発電、耐震の三つの機能を持たせた、
     日本で始めてのRC構造*1)による100m以上の免震高層ビル。
null
O部員: 一般の超高層ビルのような鉄骨構造を中心としないんですよね。
      そして省エネシステムがうたい文句になっていましたね。  
M部長: 太陽光発電、輻射空調システム、自然光利用、LED照明、壁面・屋上緑化などで、
      炭酸ガス排出量を平均的オフィスビルの半分にしようってんだから、2020年の25%削減
      目標も現実味を帯びてくるね。*2)
      そうだ、せっかくだから公開講座を開いて詳しく話してもらうことにしようか?
O部員:それはいいいですね。 
     21世紀は環境にやさしくなくっちゃいけません!
     いままでは快適環境を得るために、われわれは環境に負荷をかけてきました。
     これからの快適環境は人にとって快適なだけでなく、環境自身にとっても快適なもので
     なくてはいけないということなんです! 守ろう環境!!
M部長:(なんかのコマーシャルか? いつからこんなに環境派になったんだ?) 
    なかなかいいこと言うね。 でもそれと片付けがどう関係するの?
O部員:そこなんです。ビルや工場の省エネは当然としても、まず私たち一人ひとりが自分でできることを
    積み重ねて、快適環境を作っていくという意識が大切だと思うんです。
M部長:ふむふむ、その通りだね。
O部員:そこでまず身の回りの仕事環境を快適にしなくてはいけないと思いましてね。 
    ちょうど先ほどの事業仕分けならぬ、物品仕分けですね。
    机の周りの不要物を片付けて 「超快適環境オフィス」 を作ろうかと。
null
M部長:それはいい。どんどんやりたまえ!
O部員:はいっ!
    え〜っと、ぼくが必要なのは・・このレア物のフィギュアとイラストパネル、それと・・・。
    あ、この資料ファイルはろくに見ないからいらないな。 
    パソコンもこっちのはグラフィック性能が貧弱だからゲームには使い物にならん・・と。 
    電話も仕事中うるさいからなくして・・と・・・。
M部長:こらこらっ!逆だろ!そっちが要らないもの! いったいどんな仕分けしてるんだ!
O部員:え〜っ!世界で一番の超快適オフィスをめざさないと・・。 
M部長:(マッタク、スパコンじゃないぞ!頭痛くなってきた。)
二番でも三番でもいいから、少なくとも仕事の成果を挙げるのに必要な環境にしたまえ! 
     じゃあ私は疲れたからもう帰るよ。 あと宜しく。
O部員:はあ・・。お疲れ様でした〜。
(なんか非快適環境オフィスになっていきそうな気がするなあ・・。能率下がるなあ。どうしようかな・・・。) 

ある人にとっての快適環境は、別の人にとってはそうではないこともあります。
この問題を解決することが、本当の環境問題の解決なのかもしれません・・・。  
只少なくとも、私たちの身の回りの環境について、
皆がそれぞれ意識するようになった、ということがとても素晴らしいことであるのは間違いないでしょう。
続く・・・。
null
*1)RC構造:Reinforced-Concrete 鉄筋コンクリート構造。 コンクリートと鉄の強さを併せ持つ構造で、
  多くの中低層マンションや建物に使われるが、100m以上の超高層ビルではSRC(鉄骨鉄筋コンクリート
  構造)などのような、鉄骨を中心に用いるものが多い。 最近コンクリート強度の向上や免震などの建築
  技術が発展して、諸外国ではRC構造が用いられるようになってきている。
 
*2)1990年比温室効果ガス25%削減: 2009年9月に鳩山首相がニューヨークの国連気候変動サミットで
  表明した日本の削減目標。 この達成を推進するためのキャンペーンが「チャレンジ25」。
  以前は「チーム・マイナス6%」というキャンペーンでありましたが・・・。  
  → チャレンジ25キャンペーンサイト