当学園の学園祭がやってきます。10月31日(土)・11月1日(日)となります。是非いらしてください。毎年展示している学生作品の中で、3次元CADの作品があります。その中で、木造建築の仕組みを展示しています。今年も展示いたします。ではその中身を紹介いたします。

授業では「立体造形演習2」の講座で行います。建物の部材から木造の仕組みを「3次元CAD」を通して学習いたします。
1年生の授業ですので、在来工法の軸組みを教科書から拾い出し、建物を建てる順番でコンピュータグラフィックを作成していきます。

2期に(6月・7月)に学習した、木造軸組みの図面コピーを利用しながら立体化をしていきます。

AutoCADを利用して描いた木造住宅になります。



布基礎の学習を立体化したCGです。
null


E畋罎両紊法柱を建てていきます。通し柱や管柱を学習します。



の造梁世気琉磴い髻⇔漏愿に学習いたします。



ゾ屋組み(屋根の部分)を部材の長さを計算で求めていきます。



Σ虻が仕上がり、間柱が入っていきます。



Ь欧閥擇いが入り、強度が増していきます。最後にアルミ窓が入ります。


このように、木造軸組みを基礎から建てる順番に作成していくことにより、建て方を学習いたします。

さあ皆さんも是非この学習をしてみてはいかがですか。お待ちしております。