無事、全員合格でした(*^。^*)。
下記に、実験の一部結果掲載します。
6週令マウスにアジュバンドとして初回投与にはフロンドの完全アジュバンド、2,3回目には不完全アジュバンドを用い、抗原として卵白アルブミンを投与しました。
抗体産生の確認にはオクタロニー法確認しました。




接着系(MDCK)の細胞培養の経時的変化です。右から2日目、4日目、6日目です。
細胞が培養容器の約8割を占めた状態(コンフレント)で細胞を剥離し、1.5〜2×106cells/mlをセルバンカーにて細胞を保存しました。
そのほか、浮遊系細胞(635)やマウス骨髄細胞の培養を行いました。