バイオテクノロジー科

専門課程:2年制

学科別ブログ

カテゴリー: イベント
著者: 大藤道衛
第21回TTCバイオカフェは、「遺伝子組換え技術の進歩とGM食品」と題して、丹生谷 博 先生(東京農工大学遺伝子実験施設教授(理学博士))をお招きし、2016年11月25日(金)に開催いたしました。


東京テクニカルカレッジ(TTC)主催、NPO法人くらしとバイオプラザ21共催。案内は、ここをクリック。


もう日が暮れた18:00からバイオカフェが始まりました。
はじめに、ファシリテーターの笹川由紀先生(NPO法人くらしとバイオプラザ21主席研究員(生物科学博士))から開会のご挨拶ならびに丹生谷先生のご紹介をいただきました。

ご講演の前には、北政扶美子様(ハープ教室「ルナハープ」代表)によるアイリッシュハープが心を和ませてくださいました。バイオカフェの趣旨説明に続き、いよいよご講演の始まりです。


丹生谷博先生


丹生谷先生は、綺麗なスライドを使って遺伝組換え技術の基本から分かりやすくお話しくださいました。
さらに、害虫抵抗性トウモロコシ、ウイルス耐性パパイヤなど農業生産性を向上させる遺伝子組換え作物から、高オレイン酸大豆など栄養価を高めたものまで具体的な事例を挙げてお話しくださいました。
さらに安全性評価の仕組み、最近注目されているゲノム編集技術など幅広いトピックスを解説してくださいました。


正確な科学的情報に基づいて、作物や食品を選択することが大切だと考えさせられるご講演でした。


ご講演の後、フロアとの活発な質疑応答や意見交換が行われました。先生は、参加者からの質問にカフェが終了した後も丁寧に答えてくださいました。



先生のご講演の詳細とその後のフロアとの話し合いの内容については、
NPO法人くらしとバイオプラザ21の「バイオカフェレポート」サイトに後程アップされます。バイオカフェレポートは、ここをクリック。



ファシリテーターの笹川由紀先生



北政扶美子様のハープ演奏


ハワイのパパイヤ「レインボー」
遺伝子組換え技術を用いてパパイヤリングスポットウイルス耐性になっているパパイヤ。日本で認可されており、入荷の際には「遺伝子組換え」の表示がされています。

レインボーパパイヤの開発物語は、ここをクリック。

フロアの皆さまと試食をしました。


最後に高瀬恵悟校長から丹生谷先生ならびにご参加の皆さまへのお礼と先生のご講演への感想がありました。


受付で講演資料を配りました。


もうすぐ師走。この日は16:40には、日が暮れていました。

 
1階では、クリスマスの飾り付けも始まっています。


TTCバイオカフェは英国のCafé Scientifiqueポータルサイトにリンクしています。

これまでのTTCバイオカフェは、
ここをクリック

カテゴリー: イベント
著者: 大藤道衛
第21回TTCバイオカフェは植物バイオテクノロジーがテーマです。

テーマ:遺伝子組換え技術の進歩とGM食品
スピーカー:丹生谷 博 先生(東京農工大学遺伝子実験施設教授)

概要:
遺伝子操作やゲノム解析に関する技術は最近数十年間で飛躍的に向上し,基礎研究のみならずGM食品開発や医薬品生産への応用がめざましく発展しています。特に遺伝子発現を抑制するRNA干渉技術や,ゲノム内の特定の遺伝子暗号を書き換えるゲノム編集技術は新規なものとして注目を集めています。今回のTTCバイオカフェでは、東京農工大学遺伝子実験施設から丹生谷 博先生をお招きし、これらの技術的側面に加えて,遺伝子組換え生物の法的規制やGM食品の安全性審査体制と表示法についてのお話もうかがいます。予約不要です、どうぞ気軽にご参加下さい。コーヒーとお菓子のサービスもあります。また、開演までハープ演奏をお楽しみください。

主催:専門学校 東京テクニカルカレッジ(TTC)
共催:NPO法人 くらしとバイオプラザ21

日時:2016年11月25日(金)
受付開始 17:45 (開演前に音楽演奏があります。)
開始時間 18:00 終了時間 19:45
参加費:無料(コーヒーとお菓子のサービス付き)
場所:中野区東中野4-2-3 Tera-House (東中野駅前) (交通案内
専門学校 東京テクニカルカレッジ 1F TeraCafe(カフェテリア)
お問合せ:03-5651-5810(NPO法人くらしとバイオプラザ21 佐々)
ooto@tera-house.ac.jp (東京テクニカルカレッジ 大藤)


■丹生谷 博(にゅうのや ひろし)先生のご紹介■
東京農工大学遺伝子実験施設教授。京都大学農学部を卒業し,東京大学大学院理学系研究科に進学(理学博士)。岡山大学理学部助手,国立がんセンター研究所主任研究官を経て現職に至る。ニューヨーク市公衆保健研究所,エアランゲン・ニュルンベルグ大学臨床分子ウイルス学研究所,マックスプランク分子植物学研究所(ポツダム)でも研究生活を送った。現在の研究テーマは植物ウイルスと植物の相互作用。大学では毎年複数の公開講座を開催し,初心者を対象とした遺伝子操作技術の指導を行っている。また,遺伝子組換え食品や飼料に関する政府の専門調査委員会のメンバーにもなっている。


■ハープ演奏 北政扶美子氏のご紹介■
横浜市在住。螢襯淵蓮璽彗緝宗ハープ教室「ルナハープ」にて、オールラウンドティーチャーとして指導にあたると同時に、クラッシックから、ラテンまで、全国各地にて、多彩で幅広い演奏活動も展開している。 同教室出身奏者によるアンサンブル「ルナハープオーケストラ」を 指導し、その楽曲の編曲も行う。 毎年開催される、みなとみらいホールでのコンサートは満席となり 好評を得ている。

これまでのTTCバイオカフェは、ここをクリック。


カテゴリー: イベント
著者: 大藤道衛
これまでのTTCバイオカフェは下記をご覧ください
第1回2009年11月27日
「チョコレートの秘密〜ポリフェノールの科学」(梶睦先生 明治製菓)案内レポート
第2回2010年9月17日
「グリーンイノベーション」(田部井豊先生 独立行政法人 農業生物資源研究所)案内レポート
第3回2010年11月26日
「健康予測からご先祖のことまでわかる遺伝子診断」(田村智英子先生 木場公園クリニック)案内、 レポート
第4回2011年9月16日
「ゲノムの話〜どうしてガンはできるのか」(大藤道衛 東京テクニカルカレッジ・バイオ科)案内、 レポート
第5回2011年10月25日
「植物のストレス応答〜私が植物から学んだこと」(佐々義子先生 NPO法人くらしとバイオプラザ21)案内レポート
第6回2012年2月3日
「意外としたたかな植物 〜植物のストレス応答のしくみ解明と応用への試み〜」(光原一朗先生 独立行政法人 農業生物資源研究所 植物・微生物間相互作用研究ユニット )案内レポート
第7回2012年5月18日
「植物と微生物における共生の進化 〜根粒を環境に優しい農業に役立てるには?〜」(林誠先生 独立行政法人 農業生物資源研究所 植物共生機構研究ユニット長) 案内当日の様子レポート
第8回2012年11月30日
「保存料をめぐるいろいろな誤解と実際」(荒井祥先生 上野製薬株式会社)案内当日の様子レポート
第9回2013年2月1日「ブタとゲノムのおいしい関係〜ゲノム情報を使ったブタの品種改良〜」(美川 智先生 独立行政法人農業生物資源研究所) 案内当日の様子レポート
第10回2013年5月24日「感染する?しない?植物とウイルスのミクロな駆け引き」(石橋和大先生 農業生物資源研究所) 案内当日の様子レポート
第11回2013年11月30日
「甘いだけではない糖(鎖)〜糖鎖は病気を見つけるサインとなるのか〜」(立田 由里子先生(独立行政法人 理化学研究所 システム糖鎖生物学グループ 疾患糖鎖研究チーム) 案内当日の様子レポート
第12回2014年2月7日
「絹糸だけじゃない!医療にも役立つ“お蚕さま”〜カイコってどんな昆虫?〜」(瀬筒秀樹先生 独立行政法人農業生物資源研究所) 案内当日の様子、 レポート
第13回2014年5月23日
「ミクロな戦略を知って病気に強いイネを作る!〜食糧の安定供給を目指して〜」(高辻博志先生 独立行政法人農業生物資源研究所)
案内当日の様子レポート
第14回2014年9月19日
「ネムリユスリカの不思議なチカラ〜驚異の生物を調べて、活かして、守れ!〜」(奥田 隆先生 独立行政法人農業生物資源研究所)
案内当日の様子レポート
第15回2014年11月28日
「研究開発から学んだ事−−質量分析計用イオン化技術、DNAシーケンサなど−−」(神原秀記先生(株式会社日立製作所フェロー))
案内当日の様子レポート
第16回2015年2月6日
「世界の遺伝子組換え作物開発最前線」(山根精一郎先生(日本モンサント株式会社 代表取締役社長))
案内当日の様子レポート
第17回2015年5月15日
「世界の医療にも貢献する植物での物質生産」(小沢憲二郎先生(農業生物資源研究所)
案内当日の様子レポート
第18回2015年11月27日
「お醤油のサイエンス」(小幡明雄先生(キッコーマン株式会社 研究開発本部研究開発推進部)
案内当日の様子レポート
第19回2016年2月5日(金)
「がん治療の今までとこれから」(三宅智先生(東京医科歯科大学 腫瘍センター長))
案内当日の様子レポート
第20回2016年5月27日(金)
「遺伝子組換え作物が国内に入り10年以上が過ぎた現在の状況、そしてこれからどうなるの?」(小松 晃 先生(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能研究部門))
案内当日の様子レポート
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 70 | 71 | 72 || Next»