バイオテクノロジー科

専門課程:2年制

学科別ブログ

カテゴリー: イベント
著者: 大藤道衛
第23回TTCバイオカフェは、多くの来場者を迎えて2017年5月19日(金)に行いました。
今回は、近藤 友宏 先生(株式会社日本農林社、代表取締役社長)をお招きし「種子(タネ)屋のお仕事」と題してご講演いただきました。先生のご講演に続き、フロアを交えて話し合いをしました。
null

案内は、ここをクリック。

今回のTTCバイオカフェは、*「国際植物の日」の特別企画として特定非営利活動法人くらしとバイオプラザ21主催、専門学校東京テクニカルカレッジ(TTC)共催により開催しました。
*「国際植物の日」(“Fascination of Plants Day”; FoPD)とは、欧州植物科学機構主導による「世界のみんなで植物のたいせつさを考える日」です。

null
外も明るい17:45から受付がはじまり、北政扶美子様(ルナハープ代表)の美しいハープの音色が参加者迎えました。これからバイオカフェが始まりです。
はじめに、特定非営利活動法人くらしとバイオプラザ21の常務理事の佐々義子先生(生物科学博士)から開会のご挨拶ならびに演者の近藤先生のご紹介をいただきました。

null
近藤 友宏先生

先生は、この日のために作られた綺麗なスライドをつかって分かりやすくお話しくださいました。会社のご紹介、日本ならびに世界の種苗業界のことから、品種改良についてまで幅広いお話がありました。特に品種改良を知るために必要な減数分裂やF1ハイブリッドなどの基本的な生物学的なことについては、手作りの分かりやすい図を使って、丁寧にご説明くださいました。
その後、フロアとの活発な質疑応答や意見交換が行われました。
先生のご講演の詳細とその後のフロアとの話し合いの詳しい内容については、
特定非営利活動法人くらしとバイオプラザ21の「バイオカフェレポート」をご覧ください。ここをクリック。

null
フロアとの質疑応答の模様。外はもう暗くなっていました。

null
ファシリテーターの佐々義子先生が、演者の近藤先生とフロアとの結び役となってくださいました。

null
北政扶美子様(螢襯淵蓮璽代表)によるハープ演奏


null
ファシリテーターの佐々義子先生


null

TTCバイオカフェではお馴染みの佐々先生手作りのパウンドケーキ
すごくおいしい!
今回は、たくさんの参加者を迎え、開演前に無くなってしまいました。


null
今回のTTCバイオカフェは、1階テラカフェ(Tera-Cafe)にて行いました。TTCバイオカフェ開始前から、にぎわっていたテラカフェ。

null
バイオテクノロジー科学生がカフェの運営にあたりました。テラカフェは、学生によるRJP授業の成果物です。

null
最後に参加者の皆さまからアンケートと感想をいただきました。
次回のTTCバイオカフェは、11月下旬を予定しております。
2009年〜これまでのTTCバイオカフェは、
ここをクリック

null
TTCバイオカフェは英国のCafé Scientifiqueポータルサイトにリンクしています。

謝辞:TTCバイオカフェポスター作成および写真撮影には、Web動画クリエーター科 川辺 伸司 先生 のご協力をいただきました。



カテゴリー: イベント
著者: 大藤道衛
第23回TTCバイオカフェは、ことしも「国際植物の日」特別企画として、5月19日(金)に開催いたします。

「国際植物の日」("Fascination of Plants Day"; FoPD)とは、欧州植物科学機構(European Plant Science Organisation; EPSO)主導による「世界のみんなで植物のたいせつさを考える日」です。


世界各国でFoPDのイベントが開催されます。ここをクリック。
日本でのイベントは、ここをクリック。

テーマ: 種子(タネ)屋のお仕事
スピーカー: 近藤 友宏 先生(株式会社日本農林社、代表取締役社長) 

主催:特定非営利活動法人 くらしとバイオプラザ21
共催:専門学校 東京テクニカルカレッジ(TTC)

日時:2017年5月19日(金)
受付開始 17:45 (開演前に音楽演奏があります。)
開始時間 18:00 終了時間 19:45
参加費:無料(コーヒーとお菓子のサービス付き)
場所:中野区東中野4-2-3 Tera-House (東中野駅前) (交通案内
専門学校 東京テクニカルカレッジ 1F TeraCafe(カフェテリア)
お問合せ:03-5651-5810(NPO法人くらしとバイオプラザ21 佐々義子)
ooto@tera-house.ac.jp (東京テクニカルカレッジ 大藤道衛)

概要:
タネ(種子)は農業生産の基礎となるたいへん重要なものですが、そのタネを開発し、生産し、供給している種苗会社(タネ屋)のことは一般にはあまり知られていません。世界の種子市場では、バイオメジャーと呼ばれる多国籍企業がマーケットシェアを高めている一方、日本国内には中小規模の種苗メーカーがまだ数多く存在し、野菜種子や草花種子のマーケットにおいて、国内だけでなく海外においても存在感を示しています。それらの種苗会社の多くは家族経営で創業50年、100年を超える企業も珍しくありません。本日は、江戸時代末期創業の種苗会社の7代目社長としてご活躍中の近藤友宏先生をお招きし、日本のタネ屋さんとして、種苗メーカーにおける野菜の品種改良の取り組みについてお話をうかがいます。予約不要です、どうぞ気軽にご参加下さい。コーヒーとお菓子のサービスもあります。また、開演までハープ演奏をお楽しみください。


近藤 友宏 先生のご紹介
1973年東京都生まれ。北海道大学大学院農学研究科卒業(修士)後、株式会社日本農林社に入社。2013年より同社代表取締役。一般社団法人日本種苗協会の理事も務める。江戸時代末期創業の種苗会社の7代目社長として奮闘中。


ハープ演奏 北政扶美子氏のご紹介
横浜市在住。螢襯淵蓮璽彗緝宗ハープ教室「ルナハープ」にて、オールラウンドティーチャーとして指導にあたると同時に、クラッシックから、ラテンまで、全国各地にて、多彩で幅広い演奏活動も展開している。 同教室出身奏者によるアンサンブル「ルナハープオーケストラ」を 指導し、その楽曲の編曲も行う。 毎年開催される、みなとみらいホールでのコンサートは満席となり 好評を得ている。

これまでのTTCバイオカフェは、ここをクリック。



ポスター: Web動画クリエーター科 川辺 伸司 先生 作成
カテゴリー: イベント
著者: 大藤道衛
第22回TTCバイオカフェは、「計算機による新しい生物学への招待−バイオインフォマティクスから見えてくる新しいバイオの世界−」と題して、石井一夫先生(東京農工大学特任教授(医学博士、技術士(生物工学)))をお招きし、2017年2月10日(金)に、
NPO法人くらしとバイオプラザ21主催、東京テクニカルカレッジ(TTC)共催にて行いました。案内および先生のご紹介は、ここをクリックしてください。


バイオカフェは18:00に始まりました。はじめに、岩澤 葵 氏(クラリネット)、杉浦 夏美 氏(フルート)による音楽演奏が心を和ませてくれました。ファシリテーターの佐々義子先生(NPO法人くらしとバイオプラザ21常任理事(生物科学博士))から開会のご挨拶をいただき、バイオカフェの趣旨説明に続いていよいよご講演の始まりです。


石井一夫先生

石井先生は、数学で捉える生命科学の世界をスライドを使って分かりやすくお話しくださいました。先生のスライドは、ここをクリックすると見ることができます。

さらに、次世代シーケンサーで得られたヒトゲノムの大規模なデータを計算機をもちいたバイオインフォマティクスで解析することで個別化医療に繋がることを、先生がを監修された翻訳付のYoutube動画を使って解説してくださいました。


紹介されたのは、米国NIHのがんゲノムアトラス(The Cancer Genome Atras (TCGA))プロジェクトの動画です。
注:略号はちょうどDNAの塩基の略号になっています。

紹介された4つの動画は、下記をクリックしてご覧ください。
先生が監修された日本語の字幕が入っています。
がんゲノムアトラス:がんの遺伝学的基礎/米国国立がん研究所(NCI)
がんゲノムアトラス:がんの分子機構を解明する/米国国立がん研究所(NCI)
がんゲノムアトラス:個別化治療との関連/米国国立がん研究所(NCI)
がんゲノムアトラス: TCGAデータのパワー/米国国立がん研究所(NCI)


機器の技術革新も急速に進んでおり、オンサイトで使える超小型の次世代シーケンサー(Oxford Nanopore Technologies社製)についてのご紹介もありました。


ご講演の後、フロアとの質疑応答や意見交換が行われました。先生は、参加者からの質問にカフェが終了した後も丁寧に答えてくださいました。


笑顔で質問に答えられる石井先生

今回のTTCバイオカフェは、学生、近隣の方々、教員やビジネス系の方など、職業や年齢も様々なバックグラウンドの方々が参加されていました。がんのことから、統計学、教育など幅広い質問や議論がありました。
データサイエンティストの活躍できる裾野の広さを感じるカフェでした。

先生のご講演の詳細とその後のフロアとの話し合いの内容については、
NPO法人くらしとバイオプラザ21の「バイオカフェレポート」サイトにあります。ここをクリック。


ファシリテーターの佐々義子先生


杉浦 夏美 氏(フルート)、岩澤 葵 氏(クラリネット)による演奏


最後に碾 恵悟校長から石井先生ならびにご参加の皆さまへのお礼と先生のご講演への感想がありました。


受付で配布された講演資料

先生のご著書も回覧されました。
★「あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識」(翔泳社) 2016

→AIを学ぶ初心者向けの教科書


科学技術計算のためのPython 確率・統計・機械学習」(エヌ・ティー・エス)2016


これらのご著書を、東京テクニカルカレッジの図書に贈呈してくださいました。
石井先生、ありがとうございました。

追記(3月8日):石井先生ご執筆の新しい統計学の本が、3月10日に発売されます。

Rとグラフで実感する生命科学のための統計入門」(羊土社)2017
◆手を動かして覚える、モヤモヤが消える!すぐに使えるRのサンプルコード付き
目次をみると、フリーソフトRを使って統計学を実践的に学べる本のようです。一方、統計学を学ぶために必須となる確率論や微積などの数学についても解説されていますから、統計解析を始めたばかりの学生でも基礎から確りと学べる本と思われます。
発売されたら、本ブログ執筆の私も、早速読んでみようと思います。
書店発売前から、なんとamazon.comの生命科学分野で第1位(2017年3月8日現在)です。


最後は、石井先生とじゃんけん大会。

ウィナーには、ご著書 AIの教科書(上記★)がプレゼントされました。


TTCバイオカフェ恒例となった佐々先生の手作りケーキ
今回はチョコレートパウンドケーキ。美味しくてすぐに無くなりました。




TTCバイオカフェは始終和やかな雰囲気のなかで行われました。




TTCバイオカフェは英国のCafé Scientifiqueポータルサイトにリンクしています。

これまでのTTCバイオカフェは、ここをクリック


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 72 | 73 | 74 || Next»