HOME > 学科紹介 > バイオテクノロジー科 > バイオテクノロジー科のひみつ

バイオテクノロジー科|専門学校の東京テクニカルカレッジ

専門課程:2年制 / 専門士

【やりたいものがみつかった!】入学のきっかけから就職内定まで バイオテクノロジー科のひみつ

この学校でバイオテクノロジーを専門的に学んで、将来の夢がぐんと広がりました。

熱心な先生たちが1人ひとりをしっかりサポートしてくれます
私立城西大学附属城西高等学校出身
バイオテクノロジー科2年
株式会社高長内定(バイオ試薬・実験機材総合ディーラー)
有賀 拓海さん

コミュニケーション力が自然に身についたのは、少人数制のおかげ
茨城県立佐和高等学校出身
バイオテクノロジー科2年
協和発酵キリン株式会社内定(医薬品関係)
遠山 優香さん

一日中みっちり実習!(笑)でも毎日がすごく充実しています
埼玉県立川越総合高等学校出身
バイオテクノロジー科2年
株式会社フジシン内定(美容・化粧品関係)
楠田 彩乃さん

理系科目が苦手でも大丈夫。バイオテクノロジーって楽しいですよ
埼玉県立新座総合技術高等学校出身
バイオテクノロジー科2年
株式会社高長内定(バイオ試薬・実験機材総合ディーラー)
川崎 大輝さん

身近な問題を解決できるのがバイオテクノロジーの技術

有賀
僕がバイオテクノロジーに興味を持ったのは、高3のとき。漫画『もやしもん』を読んで細菌に興味を持ったのがきっかけです。漫画のなかで納豆菌の保水効果で砂漠を緑化する研究があることを知って、おもしろいなと。それで、大学・専門学校を問わずバイオを専門的に学べる学校を探しました。
遠山
私は高校の生物の先生に、アレルギーと食品の関係について質問するうちに、バイオテクノロジーでアレルギーを誘発しない食物を作れる可能性があると聞いて。将来、アレルギーで苦しんでいる人たちの役に立つ研究がしたいと思ったんです。
楠田
私は高校から植物系のバイオについて学んでいて、培養実験などがすごく楽しかったので。もっと勉強していろんな技術を身につけたいと思いました。
川崎
高校時代からバイオの勉強してたんだ?すごい。僕は理系の科目が苦手で……。それではじめは調理系の学校を探したんだけど、食品開発に興味があって、それならバイオ系がいいと教えてもらってこの学校に出願しました。授業についていけるか不安だったけど、先生たちが一から教えてくれるので、楽しく勉強できています。
楠田
確かに。じつは化学や生物が苦手だったっていう人もけっこういる(笑)。でも、少人数制だし先生たちが熱心なので、毎日の授業をしっかり受けていれば問題ないよね。

実験は2人1組の少人数制。だから技術や知識がしっかり身につく

遠山
やっぱり、少人数制っていうのがこの学校のいいところだと思う。私たちの学校では、実験も2人1組でやるから1人ひとりの責任が大きいけど、そのぶん身につくことがすごく多いと思う。
有賀
そうだね。実験に使う器具や機器もたくさんあって足りないなんてことは絶対ないので、休んでいる暇はない(笑)。
楠田
1年のときから本当にいろんな実験をやったよね。解剖に培養に、遺伝子組換えに。
有賀
光る大腸菌を作ったり。
川崎
そういえば、食品に含まれるたんぱく質を抽出する実習は辛かったなぁ~。たんぱく質以外の物質がついてこないように、何度も何度も、同じ作業を繰り返して純度を上げていくっていう地道な作業で。
有賀
あれは地道すぎたね。そんな感じで、バイオテクノロジー科は「どんな勉強してるの?」って聞かれたときにひとことで説明しにくいものが多い。だから共感されにくい(笑)。
川崎
かなりマニアックだけど、そこが楽しいところかな(笑)。
一同
(笑)

密度の濃い授業で生まれる結束力。放課後もみんな仲良し!

遠山
もうひとつ、私はバイオテクノロジー科に入って、コミュニケーション力が身についたと思います。実験は基本2人での作業になるので、スムーズに進めるためには、相手の意見を聞きつつ自分の意見も伝え、役割分担をすることが大切。そういう力が自然と身につく環境だと思う。
川崎
少人数制で授業の密度が濃いから、すぐに打ち解けられるのも特長じゃない?みんな、すごく仲がいい。
有賀
授業で毎日朝から夕方まで顔を合わせて、放課後も一緒に遊ぶ、みたいな(笑)。
楠田
バーベキューとか、遊園地とか月1ペースでイベントがあるよね。
遠山
近ごろは、友達が何を言いたいのかが顔を見ただけでわかるようになった(笑)。そういうコミュニケーション力って、これから就職して働くうえでも大切だと思うので、この学校に入って良かったなと思います。

就職活動のサポートが充実。憧れの企業から内定をゲット!

川崎
この学校のいいところといえば、就職活動のバックアップも強力だよね?面接練習や履歴書の書き方の指導、自己PRのアドバイスとかもすごく役に立った。だから就職率が高いんだろうね。求人票もたくさんくるし。
有賀
僕も、就職率の高さがこの学校を選んだ大きな理由のひとつなんだ。内定した企業も、大学生の受験者が落ちているなかで合格できたのは先生たちのおかげ。すごく感謝しています。
遠山
私は学校の求人票をみて、ダメもとで受けた企業に1社目で内定をもらえました。医薬品の原薬の開発を行う部署です。面接では授業でやった実験の種類と数の多さに驚かれ、そこが評価されたと思います。念願だった研究、開発職に就くことができて夢みたい!
川崎
僕と有賀くんは、同じ企業で営業職として働くことになりました。企業や大学の研究室に実験機材などを提案するんですが、学校で学んだ知識や技術を生かして、研究者の方に喜んでもらえる仕事がしたいし、コミュニケーションを積極的にとって一緒に働く人たちと楽しい雰囲気を作っていけたらと思います。
有賀
僕は、営業職に就くからには売り上げトップを目指すよ!会社に評価され、数字がとれる営業マンになりたいです。
楠田
私は、志望していた美容系の企業に内定しました。美容室などに商品を提案する販売代理店です。化粧品にはたくさんの成分が使われているので、学校で学んだことが役立ちそう。まずはしっかりと商品知識を身につけて、自分の親しい人に勧めるつもりでお客様に商品を紹介していきたいと思います。
川崎
お互い、学校で学んだことを生かして社会に出てもがんばろう!





ページトップへ