バイオテクノロジー科|専門学校の東京テクニカルカレッジ

専門課程:2年制 / 専門士

カリキュラム

バイオ分析技術をしっかり学ぶ。バイオテクノロジー科

生物に対する効果や安全性・健全性について調べるバイオ分析技術をマスターする。
私たちの体に直接作用するもの、すなわち飲食物、医薬品や医療、そして生活関連物質などを対象として、 それらの効果や安全性、健全性についてバイオ分析技術を用いて調べます。 バイオ分析技術は大きく分けると1.化学分析技術と2.生物分析技術に分かれます。 化学分析技術は水や食品、医薬品などの中に含まれるさまざまな不純物や毒物、その他身の回りの化学物質を調べる技術。 (分離・分析技術)一方生物分析技術は、動植物個体・細胞、微生物などの取扱い、 生体中の遺伝子やたんぱく質の働きや構造など、生物を用いて調べる技術。
東京テクニカルカレッジバイオテクノロジー科では、全員がこの技術を学べるようにカリキュラムを構成。初めて実験に取り組む人でも大丈夫なように、 基本的な実験からスタートし、より複雑な実験へと進む構成となっています。 豊富な機材を自分の手で使い、できるようになるまで繰り返します。そして実験結果をレポートにまとめ、 コンピュータを利用して発表する・・・・。二年生の後半には、学んだ技術をフルに活用する総合実験を行い、 自分の興味や進む進路に応じて、それぞれの分野で要求される技術を磨いて行きます。
1年次
  4月 6月 9月 11月 1月
生物分析技術   動物学基礎実習
生物の基礎
動物学基礎実習
生物の基礎
微生物学
基礎実習
応用微生物学
実習
化学分析技術 基礎化学 バイオ基礎実習
基礎化学
バイオ化学
バイオ化学実験
バイオ化学実験
(タンパク質
分析実験)
バイオ化学実験
(電気泳動・
クロマトフィー)
基本実験技術 導入実習   実験動物技術   遺伝子工学技術
バイオ基礎技術 ライフテクノロジー概論、
社会情報
ライフテクノロジー概論、
社会情報、
バイオ実験英語、
生化学
バイオ実験英語、
生化学、微生物学、
分子細胞生物学
バイオ実験英語、
生化学、
分子細胞生物学、
食品化学
酵素化学
食品化学
2年次
  4月 6月 9月 11月 1月
生物分析技術 応用バイオ
化学実験
(遺伝子工学)
細胞工学実験
(植物細胞工学)
細胞工学実験
(動物細胞工学)
バイオ総合実験
(卒業研究・
インターン)
バイオ総合実験
(卒業研究・
インターン)
化学分析技術 応用バイオ
化学実験
(食品薬品分析)
応用バイオ
化学実験
(酵素学実験)
応用バイオ
化学実験
(遺伝子発現実験)
基本実験技術 基礎分析化学 バイオ分析化学
細胞工学技術
分離精製技術1 分離精製技術2  
バイオ基礎技術   食品加工と安全
栄養生理学
免疫学1
植物の生理と病理
免疫学2
医薬品化学1
医薬品化学2
食品衛生と健康
品質管理技術
私たちの体に直接作用するもの、すなわち飲食物、医薬品や医療、そして生活関連物質などを対象として、それらの効果や安全性、健全性についてバイオ分析技術を用いて調べます。バイオ分析技術は大きく分けると1.化学分析技術と2.生物分析技術に分かれます。
化学分析技術は水や食品、医薬品などの中に含まれるさまざまな不純物や毒物、その他身の回りの化学物質を調べる技術(分離・分析技術)。一方生物分析技術は、動植物個体・細胞、微生物などの取扱い、生体中の遺伝子やたんぱく質の働きや構造など、生物を用いて調べる技術です。

バイオテクノロジー科では、全員がこの技術を学べるようにカリキュラムを構成。初めて実験に取り組む人でも大丈夫なように、基本的な実験からスタートし、より複雑な実験へと進む構成となっています。豊富な機器を自分の手で使い、できるようになるまで繰り返します。そして実験結果をレポートにまとめ、コンピュータを利用して発表する…。2年生の後半には、学んだ技術をフルに活用する総合実験を行い、自分の興味や進む進路に応じて、それぞれの分野で要求される技術を磨いていきます。

1年生

4月 バイオ導入

バイオ技術の基本となる実験器具、薬品取扱いの基礎を学びます。またバイオについてその概要を理解するための勉強も開始!

分野 科目
バイオ基盤知識 ライフテクノロジー概論1、社会情報学1
基本実験技術 導入実習
化学分析技術 基礎化学1
生物分析技術

1年生 4月 バイオ導入

6月 バイオ基礎実験の開始

バイオ分析に必要な薬品の取扱い、基礎知識としての化学と生物、そして生物を化学変化で考えていく生化学の授業が開始されます。

分野 科目
バイオ基盤知識 ライフテクノロジー総論2、社会情報学2、バイオ実験英語1、生化学1
基本実験技術
化学分析技術 バイオ基礎実習(薬品取扱い)、バイオ化学2
生物分析技術 動物学基礎実習1、生物の基礎

1年生 6月 バイオ基礎実験の開始

9月 バイオ基礎技術の展開1

実験動物や微生物など生物分析技術の基本となる勉強をスタートします。また化学反応や有機物質についてより深く学びます。

分野 科目
バイオ基盤知識 バイオ実験英語2、生化学2
基本実験技術 実験動物技術
化学分析技術 バイオ化学実験1(生体成分取扱い実験)、バイオ化学(有機化学)
生物分析技術 動物学基礎実習2、微生物学

1年生 9月 バイオ基礎技術の展開1

11月 バイオ基礎技術の展開2

3期よりもさらに複雑な生物やバイオ産物を対象として実験技術を学びます。より難しい内容が出てきます。

分野 科目
バイオ基盤知識 バイオ実験英語3、生化学3、食品化学1
基本実験技術
化学分析技術 バイオ化学実験2(タンパク質分析実験)
生物分析技術 微生物学基礎実習

1年生 11月 バイオ基礎技術の展開2

1月 バイオ基礎技術部分の確認

バイオ分析で重要となる技術、すなわち生体成分の抽出分離技術を確実なものとします。二年次のより高度な内容に対応するための基盤となる授業が行われます。

分野 科目
バイオ基盤知識 分子細胞生物学、酵素化学、食品化学2
基本実験技術 遺伝子工学技術
化学分析技術 バイオ化学実験3(クロマトグラフィー、電気泳動)
生物分析技術 応用微生物学実習

1年生 1月 バイオ基礎技術部分の確認

2年生

4月 バイオ基礎技術の応用1

一年次に学んだ基本実験技術を元に、いよいよ植物や食品、医薬品など実際の産物を対象とした応用バイオ分析技術習得の開始です。

分野 科目
バイオ基盤知識
基本実験技術 バイオ分析化学1(化学分析)
化学分析技術 応用バイオ化学実験1(遺伝子工学実験)
生物分析技術 応用バイオ化学実験2(食品薬品分析実験)

2年生 4月 バイオ基礎技術の応用1

6月 バイオ基礎技術の応用2

応用バイオ分析技術をより複雑な実験系、内容で学びます。特に遺伝子、細胞分析に必須となるより高度な技術を身につけます。

分野 科目
バイオ基盤知識 免疫学1、栄養生理学
基本実験技術 バイオ分析化学2(機器分析)、細胞工学技術1
化学分析技術 応用バイオ化学実験3(酵素学実験)
生物分析技術 細胞工学実験1(植物細胞)

2年生 6月 バイオ基礎技術の応用2

9月 バイオ基礎技術の応用3

これまで身に着けたバイオ基礎技術を用いて行う応用実験のまとめです。実験対象は動植物成分や自分自身。

分野 科目
バイオ基盤知識 食品加工と安全、免疫学2、植物の生理と病理
基本実験技術 細胞工学技術2
化学分析技術 応用バイオ化学実験4(遺伝子発現実験)
生物分析技術 細胞工学実験2(動物細胞)

2年生 9月 バイオ基礎技術の応用3

11月 バイオ分析技術の展開1

身に着けたバイオ分析技術を利用して、さまざまなバイオ産物を対象とした総合実験、特に安全性評価に必要となる技術を磨きます。

分野 科目
バイオ基盤知識 医薬品化学1
基本実験技術 分離精製技術1
化学分析技術 バイオ総合実験1(化学分析系:食品、生活関連製品他)
生物分析技術 バイオ総合実験1(生物分析系:動植物、遺伝子解析他)

2年生 11月 バイオ分析技術の展開1

1月 バイオ分析技術の展開2

まざまなバイオ産物を対象として、これまで学んだバイオ分析技術を磨きます。特に機能性評価に必要となる技術を磨きます。

分野 科目
バイオ基盤知識 医薬品化学2、食品衛生と健康、品質管理技術
基本実験技術 分離精製技術2
化学分析技術 バイオ総合実験2(化学分析系:食品、生活関連製品他)
生物分析技術 バイオ総合実験2(生物分析系:動植物、遺伝子解析他)

2年生 1月 バイオ分析技術の展開2





ページトップへ