HOME > ニュース&トピックス > ニュース&トピックス詳細

ニュース&トピックス

ニュース&トピックス詳細

2018/02/13 学内開発系企業研究会


就職活動対象の学年は1月22日(月)ビックサイトで行われた東京工科グループ合同企業研究会を皮切りに本格的に就職活動が開始となっています。
学内でも数日に分けて開発系企業の方に来校いただき、放課後に企業研究会を実施しております。多くの学生が参加し、真剣な眼差しで説明を聞き、不明な事は質問をし、充実した時間となっています。
希望した企業に内定が取れるよう頑張っています。
 
●(株)日産オートモーティブテクノロジー様
01.jpg


 
●いすゞ自動車(株)様
02.jpg


●1級自動車エンジニア科では、開発エンジニアの育成に力を入れています。
以下の近年の卒業生たちの自動車メーカー系企業の就職実績(抜粋)を記載します。

1級自動車エンジニア科 自動車メーカー系企業就職内定実績一覧(抜粋)

特徴企業名

特徴(備考)

いすゞ自動車株式会社

商用車(トラック)・パワートレイン事業に力を集結し、グローバルに事業を展開。小型トラック(エルフシリーズ)は国内シェアトップクラス。

いすゞエンジニアリング株式会社

小型車から大型車までの配線配管の設計をメインに天然ガス自動車の開発、道路清掃車、消防車等各種特装車のベースとなる派生車の開発。

スズキ株式会社

四輪車の世界販売台数は第10位、国内販売台数は第3位。二輪車では販売台数においては国内第3位。また、船外機では、販売台数世界第3

株式会社日産テクノ

日産自動車グループで自動車の開発を主な業務とする企業。

パーソルR&D株式会社

株式会社DRDから社名変更(H29.4)。自動車及び機械・電気・電子装置とその構成部品の設計、試作、実験等の開発。

大成技研株式会社

エンジン、トランスミッションの設計・開発及び、評価・実験・施策。走行試験。HEV用燃料電池開発・実験・評価業務を大手企業より請け負っている

株式会社東京アールアンドデー

2輪および4輪の量産車両、研究車両、特殊車両、展示車両の受託開発、メカトロニクス技術を応用した開発、カーボンファイバー複合材料を使った軽量高剛性部品の開発、原動機、動力伝達機構の評価、開発、レーシングカー開発など幅広い業務を手がけている。

株式会社タチエス

自動車用のシートシステムの企画・開発と、各種シート製品の製造。独立系シートメーカーとして、数多くの自動車メーカーとのビジネスに対応した開発・生産拠点をグローバルに展開

東京ラヂエーター製造株式会社

ラジエター、オイルクーラー、近年では国内外のDEの排ガス規制に対応したEGRクーラーを柱とした環境対応製品群を市場に投入する自動車用部品メーカー。

日本ワイパブレード株式会社

ワイパー専業メーカー。国内自動車メーカー純正採用率NO.1を誇るとともに、海外自動車メーカーにも純正採用されている

日本精機

四輪車用計器は世界シェア12%、二輪車用計器は同32%を誇り、日本のほか、北中南米・欧州・中国・アジアで営業・設計・生産を展開

ユニキャリア株式会社

日産フォークリフト、TCM、という歴史ある二つの産業機械メーカーを統合。フォークリフト、無人搬送システム、コンテナキャリア、トランスファークレーン等の物流機器システムの開発・製造・販売

ジャトコ株式会社

世界有数のオートマチックトランスミッション(自動変速機: AT/CVT)の専門メーカーで日産、三菱、スズキなどの国内メーカーをはじめ、ルノー、GMなど世界の自動車メーカーにAT/CVTを供給

株式会社ヨロズ

サスペンションメンバー(サブフレーム)やサスペンションリンクなどのサスペンション部品、車体部品を得意とする企業。サスペンション部品においては、日本の全完成車メーカーおよび海外完成車メーカー向けに出荷し、サスペンション部品およびモジュールサプライヤーとして国内トップシェアを誇っている。


メーカー系就職実績は
平成29年度72%、平成28年度は80%です。
もちろん就職率は100%です。
開発エンジニアをご希望の方は、気軽に来校いただきご相談下さい。

4月から進路をお考えの方、また、新高校3、2年生の皆さん!オープンキャンパスでしっかりとご進路相談を実施いたします。ぜひ保護者同伴でお気軽にご参加ください。

▽世田谷校オープン・キャンパスへ → ご予約は、こちら!!



入学相談室(通話料無料)
【フリーダイヤル】0120-1969-04 【受付時間】月~金9:00~21:00 [休]土日祝

新宿から中野まで1駅 中野校

渋谷から桜新町まで9分 世田谷校

品川から青物横丁まで1駅 品川校

憧れの先輩は夢への道しるべ

活躍する
卒業生インタビュー
  • 長野教育センター