HOME > 卒業生インタビュー > 酒井 蓮さん

卒業生インタビュー

自動車整備士

先輩の良い部分をどんどん吸収し、経験を後輩へ伝えていきたいと思います。

横浜トヨペット株式会社 川崎店は、約50店舗ある横浜トヨペットの中でも歴史がある店舗です。保有客数は横浜トヨペットの中でも上位にランクインしていて、常連の方や親子2代でのお付き合いというお客様も多数いらっしゃいます。私は現在、主に車検を担当しています。1日に扱う台数は多い日で10台ほど。
先輩に比べると知識や作業スピードがまだまだで、手順に従って基本に忠実に仕事をしていますが、先輩の良い部分をどんどん吸収して、一日も早く自分なりのアレンジを作業に加えていきたいと思っています。
また、先輩方は、困っている時には、見て見ぬふりをせず、積極的に助けてくれます。上の人間が下を育てるという“伝統”を受け継ぎ、私も困っている後輩には手を差し伸べ、経験やノウハウをしっかり伝えられる整備士に成長したいと思っています。

酒井 蓮さん

酒井 蓮さん
横浜トヨペット株式会社
川崎店 整備士
自動車整備科 2013年3月卒業
神奈川県 私立柏木学園高等学校 出身
横浜トヨペット川崎店。地域に密着したお店ですが、品川や横浜のお客様もいらっしゃいます。
他店から応援に来ていた東京工科の先輩で杉田拓磨さん(右)と。先輩があちこちにいるのは強みだと思います。
専用のパソコンを使って、電子制御に関する部分を診断しているところです。

卒業生 酒井さんが語る[世田谷校]自動車整備科 3つのポイント

point1

漠然と整備士になりたい人にぴったり。就職先が豊富です。
子どもの頃から整備士になりたくて入学しましたが、入学する時点では、○○に就職したい!という目標がありませんでした。
でも目標が漠然としている人でも、東京工科なら就職先の選択肢が豊富で、入学してからいろいろ選べる楽しみがあります。私はディーラーに就職しましたが、友人の中にはタクシー会社や運送会社、バス会社、販売店などのメカニックになった人もたくさんいます。

point2

1つ1つのカテゴリーを集中的に学ぶので、頭に残りやすいと思います。
高校では一般的に、1時間目:国語、2時間目:体育、3時間目:英語…というように1日のカリキュラムが別々の科目で組まれていると思います。でも東京工科の授業では、エンジンならエンジン、と1つ1つのカテゴリーを集中的に学んでいきます。1つのカテゴリーを深く掘り下げるため、分かってくるともっと知りたいと思うようになり、勉強が楽しくなって、頭に残りやすいと思います。

point3

勉強の話からアイドルのことまで、先生とは何でも話せます。
オープンキャンパスの時から、世田谷校は“先生と話しやすい雰囲気だな”と感じていました。実際、入学してもその通り。就職関係のことや勉強のことなど、真面目な話題はもちろんですが、「あのドラマ見た?」「アイドルの総選挙に投票したか?」など柔らかい話題も気軽に話してくださいます。お陰で学校へ通うのが楽しくなり、“今日休んじゃおうかな”ということが一度もありませんでした。
入学相談室(通話料無料)
【フリーダイヤル】0120-1969-04 【受付時間】月~金9:00~21:00 [休]土日祝

新宿から中野まで1駅 中野校

渋谷から桜新町まで9分 世田谷校

品川から青物横丁まで1駅 品川校

憧れの先輩は夢への道しるべ

活躍する
卒業生インタビュー
  • 長野教育センター