HOME > 卒業生インタビュー > 松村千春さん

卒業生インタビュー

販売・カスタマーサービス

日本人女性で唯一のエグゼクティブアドバイザーです。

フォルクスワーゲンは外車の登竜門と言われるだけあって、国産車から乗り換えるお客様が多いのが特徴です。日本の輸入車の中で年間販売台数No.1。ビートルなどはカラーバリエーションも豊富で女性に人気があります。私はメカニックとして入社した後、現在の職種であるサービスフロントへ異動しました。サービスフロントは、点検や車検、整備、修理、鈑金などのオーダーをお客様から受ける際、細かくヒアリングして問診票をつくり、メカニックに伝える仕事。接客のプロであると同時に、メカニックとしての知識も必要です。会社の応援もあり、サービスフロントの資格試験を受験したところ、見事合格。日本人女性唯一のフォルクスワーゲン認定アドバイザー“エグゼクティブアドバイザー” を獲得しました。自分の可能性を広げるチャンスを与えてくれた会社には、本当に感謝しています。

松村千春さん

松村千春さん
ボークス株式会社(フォルクスワーゲン正規ディーラー)
フォルクスワーゲン横浜南 サービス課 サービスフロント
自動車整備科 2007年3月卒業
神奈川県立逗子高等学校 卒業
フォクルスワーゲン横浜南。ボークスは神奈川県を中心に7店舗を展開し、5月には川崎に大型店を出店します。
問診票をつくるため、お客様へのヒアリングと同時に、細かくクルマもチェックします。
東京工科の先輩メカニックと。横浜南だけで卒業生のメカニックが5人もいます。

卒業生 松村さんが語る[品川校]自動車整備科 3つのポイント

point1

先生がなじめるようにキッカケをつくってくれました。
私が品川校に入学した時、女性はクラスで私ひとり。最初は気が引けて、不安でした。でも先生が、授業中や休み時間など、事あるごとに優しく声をかけてくれ、クラスになじむキッカケをつくってくれました。先生の気遣い・気配りがあったからこそ、卒業まで品川校に通うことができたと思います。先生には本当にお世話になりました。

point2

女性でも安心の設備・環境です。
クルマの世界ですから、どうしても男性は多くなります。とはいえ、女性でも安心してください。更衣室やトイレはしっかり男女別。先生の気遣い・気配り同様、女性に対する配慮が設備や環境などハード面でも随所に見られ、女性だから、という不都合は感じませんでした。クルマが好き、資格を取得したい、という女性はどんどん挑戦してみてください。

point3

先生の人脈、ネットワークは頼れます。
就職活動の際、担任の先生に「外車関係がいい!」と相談したところ、先生が以前勤めていたボークスを紹介してくれました。早速面接を受けると、すぐに内定が!。先生方が持つ人脈、ネットワークは頼れます。ちなみにボークスは“頑張りを見ていてくれる会社”。フォルクスワーゲンのドイツ本社で行われる研修に、会社から一人だけ参加させてもらうなど、評価が目に見える形で返ってきます。
入学相談室(通話料無料)
【フリーダイヤル】0120-1969-04 【受付時間】月~金9:00~21:00 [休]土日祝

新宿から中野まで1駅 中野校

渋谷から桜新町まで9分 世田谷校

品川から青物横丁まで1駅 品川校

憧れの先輩は夢への道しるべ

活躍する
卒業生インタビュー
  • 長野教育センター