HOME > 卒業生インタビュー > 曽我 純一さん

卒業生インタビュー

自動車整備士

「失敗してもいいから積極的になれ」と先輩に応援してもらっています。

私は大学在学中、自動車メーカーなどの就職も考えました。でも就く仕事は営業か開発。クルマをいじるのが大好きだったため、整備士になりたくて、大学卒業後、世田谷校へ入りました。現在働いている町田鶴川店にはファミリーの方が多く訪れます。そのためノートやセレナなどファミリータイプのクルマが特に売れています。また女性にはモコも人気です。お店は非常に忙しく、ひっきりなしに点検や車検のクルマが入ってきます。私は新人ですが、既に1日3~4台の点検と2台の車検を任されています。
とはいえ、まだまだ新人。分からないことが多いのがホントのところです。でも年次を重ねた先輩からは「失敗してもいいから積極的になれ。オレはそうやって年次を重ねてきた」と応援してもらっています。1日1日を大切にし、どんな用件にも応えられる整備士に早く成長するのが目標です。

曽我 純一さん

曽我 純一さん
日産プリンス西東京販売株式会社
町田鶴川店 サービス課 テクニカルスタッフ
世田谷校 自動車整備科 2012年3月卒業
日本大学 卒業
私が働く町田鶴川店。テクニカルスタッフが7人いるのですが、それでも大忙しです。
受付や納車の際、作業内容などをお客様にご説明するのもテクニカルスタッフの役割です。
作業が終わったら洗車。ピカピカきれいな状態で、お客様に納車します。

卒業生 曽我さんが語る[世田谷校]自動車整備科 3つのポイント

point1

先生がフレンドリーで、就職も親身になってくれます。
明るいノリが学生と同じで、時には学生よりはじけてしまう先生がたくさんいます。先生と学生の距離が近く、先生はとてもフレンドリーです。しかも就職活動時には、親身に相談にのってくれます。私が日産好きだったことを知っていた担任の先生からは「日産の推薦を受けてみないか」と薦めてもらいました。おかげで大好きな日産から、1年生の後半には内定をもらいました。

point2

設備が充実していて、しかも快適です。
例えば、町田鶴川店のリフトは6台ですが、世田谷校のリフトは12台と、実際の店舗より多いくらいです。しかもきれいで冷暖房完備。実際の仕事現場は外なので、暑かったり寒かったりと大変ですが、世田谷校では快適な環境の中で実習を受けることができます。あの充実した設備や環境は、今ではうらやましいくらいです。

point3

オリジナルプリントがすごい!
授業が始まる時、毎回先生手作りのオリジナルプリントが配られます。授業中、そのプリントに大切なことを書き込んでいったりするのですが、このプリントをファイルしていくと、なんと立派な教科書に変身。しかもそのファイルは国家試験対策に直結するという優れもの。日々の勉強→積み重ねる→試験対策につながる!という工夫は、すごい!と思います。
入学相談室(通話料無料)
【フリーダイヤル】0120-1969-04 【受付時間】月~金9:00~21:00 [休]土日祝

新宿から中野まで1駅 中野校

渋谷から桜新町まで9分 世田谷校

品川から青物横丁まで1駅 品川校

憧れの先輩は夢への道しるべ

活躍する
卒業生インタビュー
  • 長野教育センター