HOME > 卒業生インタビュー > 山西 隆廣さん

卒業生インタビュー

自動車整備士

トヨタの看板を背負って、命に関わる仕事についています。

私が働いている上板橋店は、クラウンやプリウス、エスティマ、マークX、ハイエースなどを取り扱っています。東京都と埼玉県の境に位置し、道路の利便性が高いため、ハイエースなどを購入される業者の方が多いのが特徴です。私は新人整備士として、車検や点検などを通じて腕を磨いている最中です。平均して1日4台程度扱いますが、多い日は1日7台扱ったこともあります。新人とはいえ、お客様はプロとしてクルマを任せてくれます。“トヨタの看板を背負い、命に関わる仕事をしている”という責任をとても感じています。まだまだ覚えることが多く、何でも知っている先輩のように、独り立ちはできていませんが、分からないことを理解できた時などは、力を蓄えていることを実感できます。今後はより成長して、何でも任せてもらえる“信頼される”人間になりたいと思います。

山西 隆廣さん

山西 隆廣さん
東京トヨタ自動車株式会社
上板橋店サービスグループスタッフ
中野校 自動車整備科 2012年3月卒業
東京都 私立日本学園高等学校 卒業
私が働く東京トヨタ上板橋店。私が大好きな新型クラウンも展示されています。
上板橋店には東京工科を卒業した先輩が2人。「何でも聞けよ」と成長を応援してくれます。
ネジ1本でも締め忘れがないよう、作業中は細心の注意を払います。

卒業生 山西さんが語る[中野校]自動車整備科 3つのポイント

point1

先生と学生の距離が近く、先生は一生懸命です。
先生は皆フレンドリーで、入学後、自然と仲良くなります。先生とご飯を食べにいくことも多く、卒業式の日には「飲みに行こうか!」と誘ってもらいました。また、指導は非常に熱心で、二級自動車整備士の試験対策では、夜10時くらいまで付き合っていただきました。私はあまり勉強は得意でなかったのですが、先生のおかげで二級の試験に合格することができました。

point2

セミナーで学んだことが役に立ちました。
通常の授業はもちろんですが、各種セミナーもラインナップされていて、いろいろ学ぶことができます。私は鈑金セミナーに参加しました。卒業後、祖父がクルマのバンパーを壊してしまったのですが、修理の見積もりをとると、なんと20万円!「それなら僕が直す」と言って無料で修理しました。卒業してからも役に立つ技術や知識が、授業やセミナーにはたくさん盛り込まれています!

point3

1年生の3月に就職を決めることができました。
入学後、かなり真剣に就職活動に取り組みました。学校では履歴書の書き方やスーツの着こなし、ネクタイの選び方などをアドバイスしてもらいました。そうしたサポートもあって、1年生の3月には東京トヨタから内定が!実は、私はライト級のボクサーとしても活動しています。仕事とボクシングを両立できる環境で、ほんとうに恵まれたと思います。
入学相談室(通話料無料)
【フリーダイヤル】0120-1969-04 【受付時間】月~金9:00~21:00 [休]土日祝

新宿から中野まで1駅 中野校

渋谷から桜新町まで9分 世田谷校

品川から青物横丁まで1駅 品川校

憧れの先輩は夢への道しるべ

活躍する
卒業生インタビュー
  • 長野教育センター